ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

ファミ通編集者が大好きなカレー屋に行ってみた

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
curry11

かつてゲーム雑誌『週刊ファミ通』編集部があった東京都の三軒茶屋に、ファミ通編集者がこよなく愛したカレー屋があるという。そのカレー屋のカレーは非常に味わい深く、ゴロリと入っている濃厚でクリーミィーな “とろける豚肉” は、食べるものを虜(とりこ)にするという。

ということで、実際にそのお店『チャナカレー』に行ってみることにした。『チャナカレー』は三軒茶屋の駅から徒歩10分ほどのところにあり、住所でいうと世田谷区若林1-17-1に位置する。ランチタイムは11:30~15:00、ディナータイムは17:30~21:00とのことだったので、18:00ごろ行ってみた。

いちばん人気のチャナカレーは早く行かないと売り切れる」との情報を得ていたが、18:00の段階ではまだチャナカレーを注文することができた。また、「カレーマニアは絶対にチャナカレー大盛りにオプションでベジタブルを付ける」という情報も得ていたので、そっくりそのままそれを注文した。

curry3

数分してテーブルに出されたチャナカレーは、ライスとルーが分けられているタイプのカレーで、付けあわせとしてキャベツサラダがついていた。オプションのベジタブルも別皿で出され、調理方法としてはナスを素揚げにしたものやトマト、ピーマンなどだった。

さっそくライスにベジタブルを乗せ、その上からカレールーをかけた。ルーには巨大なとろける豚肉が入っており、チャナカレーの人気のひとつとなっている。カレールーたっぷりライスと一緒に豚肉を食べてみる……。信じられない美味しさが口の中に広がるッ! まるでファルシのルシをパージしたような美味しさだッ!

curry21

ルーはスパイシーながら後味スッキリのマイルドさがあり、ほのかな酸味がある(かなり微小だが)。そして何よりもとろける豚肉がカレールーのマイルドさにマッチしており、別のものをひとつにしたのではなく、豚肉とカレールーが一体化した味になっている。東京都内でも3本の指に入るほど、美味しいカレーではないだろうか?

店名: チャナカレー
住所: 東京都世田谷区若林1-17-1
営業時間: 昼11:30~15:00 / 夜17:30~21:00
定休日: 金曜日と土曜日

■最近の注目記事
ファミ通編集者が大好きなカレー屋に行ってみた
Amazonは反エコロジーな意味で「かなり異常」
GACKTマジギレ「ふざけんな。馬鹿メディアども」
マクドナルドの食べ放題に行ってみた! 食べきれない人も
ガジェット通信流・お好み焼きレシピ大公開! 革命的美味しさ!

hiroの記事一覧をみる ▶

記者:

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。