体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

日本国政府がどれだけ借金しても絶対に日本は倒産しないと言うことのサルでも分かる説明

fujisawa3

倒産はないけれども、結局負担は国民に巡ってくるのですねorz 今回は藤沢数希さんのブログ『金融日記』からご寄稿いただきました。

日本国政府がどれだけ借金しても絶対に日本は倒産しないと言うことのサルでも分かる説明
赤字国債を発行して政府が借金を増やすとすぐに財政破綻(はたん)、財政破綻(はたん)と騒ぐ人がいますが、自国通貨による国債発行では国が倒産することは絶対にありません。

国債と言うのを借金だと考えると、これが増えすぎて返せなくなると会社と同じように倒産しそうな感じがします。しかし、国債と言うのは確かに期日が決まっていて国が借りたお金を金利と一緒に返すので形式的には借金そのものですが、国は返すお金を自分で発行することができますから根本的に普通の借金とは違います。このことを考えると、国債と言うのは借金ではなくて、実は国が発行する株式だと言うことが分かります。

それでは、たとえば日本国政府が1000兆円の国債を発行している場合を考えましょう。この1000兆円のうち、民間が900兆円持っていて、日銀が100兆円持っているとしましょう。現在では、中央銀行がお金を刷って市場に流通するお金の量を増やす主な手段は、市場に出回っている国債を買うことです。政府が発行する国債を直接日銀が買うことはあまりにも財政規律を損なうと言うことで、法律で禁止されていますが、民間の銀行などに出回っている国債を買うことは全く問題ありません。民間から国債を買うと、その対価として民間に現金が渡されます。つまり、お金が刷られて世の中のお金の量が増えます。

と言うことは、日銀のバランスシートを見ると、この場合は負債の側に100兆円の日銀券、つまりお金があり、資産の側に100兆円分の国債があることがわかります。日銀の発行するお金、つまり日銀券は会計上は日銀の借金と言うことになります。そして、その借金で買ったものが資産になっていて、金本位制の時代でしたら金の延べ棒がそうでしたし、現在のようなお金はどこまで言ってもただの紙切れでお金はお金ゆえにお金であると言う論法に支えられている仕組みでは、日銀が借金して買ったものは主に国債と言うことになります。つまり、日銀券の価値と日本国債の価値はここでリンクしているのです。もっと言うと日銀券の価値は、国債の価値そのものなのです。この簡単な想定では、日銀券100兆円分の価値=日本国債100兆円分の価値です。

国のバランスシートはどうなっているかと言うと、負債の側に国債1000兆円があります。今の簡単な想定では、このうちの100兆円を日銀が持っていて、900兆円を民間が持っていますね。それでは国の資産とはなんでしょうか?

その前に会社のバランスシートを考えましょう。

会社のバランスシートは負債が社債などの借金で、資本が株主からもらったお金です。株主は資本金を提供して、将来の利益の見返りをもらう権利証書である株券をもらいますね。会社は借金と株主のお金を使って事業をして、もうかったお金で借金した人に金利を払って、残ったお金を全部株主に分配する、と言うのが株式会社の仕組みですね。

会社のバランスシートの資産はお金をもうけるために買ったものです。それは工場のような目に見えるものから、特許のようなものまでいろいろあるでしょう。こう言った会社の資産から生み出される売上げと資産を維持するのにかかるコストの差が利益で、この利益に株券の価値がリンクされているのです。会社の事業がもうかりそうだったら、とうぜん株主にたくさん利益が分配されますから、その分配請求証書である株券の価格、つまり株価もどんどんあがります。逆に、事業がもうだめでつぶれそうだったら、株価もただ同然になります。

さて、国の資産はなんでしょうか?

それは一言で言えば徴税権です。国家権力で税金を納めない人間から無理やり金を奪い取ることができます。国は徴税権を使って、会社と同じように利益を稼ぎ出します。将来の税収から公共事業費や国防費や社会福祉費用などの支出を引いた国の利益みたいなものが、国債の価値を担保しているのです。税収からこう言った国のコストを引いたものをプライマリーサープラスと言います。このプライマリーサープラスをトヨタ自動車みたいな会社の利益と考えれば、国債はまさに国が発行する株式ですね。しかし、この国債の価値とお金の価値は、中央銀行のバランスシートを通じてお互いに完全につながっていますから、プライマリーサープラスの将来予測が暗くなれば、国債の価値が下がるので、つまりお金の価値もいっしょに下がることが分かります。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。