ダイソン創設者が生プレゼン!「羽根の無い扇風機」こと『ダイソン エアマルチプライアー』

Pocket
LINEで送る

2009.10.16 22:30 記者 : カテゴリー : ガジェ通 デジタル 生活・趣味 タグ :

Sir James Dyson01

「吸引力が変わらない、ただひとつの掃除機」でおなじみのダイソンが、新製品を出すという情報を聞き、ガジェット通信も早速発表会会場を訪れてみました。すると、そこに居たのは、なんとダイソンの創設者であるジェームズ・ダイソン氏! さらには氏自ら、新製品のプレゼンテーションを行うというので2度ビックリです。発表会の内容を中心に製品の内容などをお伝えしたいと思います。ちなみに今回の発表会の協力はギズモード・ジャパンさんです。

さて、耳の早いネットユーザーの皆さんは既にご存知かもしれませんが、今回のダイソンの新製品は「扇風機」。それももちろん、ただの扇風機ではなく「羽根の無い扇風機」なのです。製品名は『ダイソン エアマルチプライアー』(以下エアマルチプライアー)。掃除機で有名なダイソンが一体なぜ「扇風機」を発売したのでしょうか。

JamesDyson2

もともと、ダイソンでは掃除機やハンドドライヤー(※日本では未発売)といった「空気の流れ」に関わる製品を開発し続けていました。ダイソンのハンドドライヤーでは、「スイッチリラクタントモーター」という新しいモーターを使い、0.3mmという非常に細い排気孔から時速約600kmの風を送るという技術を駆使しています。このテクノロジーのおかげで熱を使わず、風圧のみで手についた水滴などを落とすことに成功している、というわけなのです。

slit

このハンドドライヤーの排気孔から出る高速の空気の流れにより、周囲の空気が巻き込まれて大きな風量を得ていることに注目したダイソン氏は、次の製品のアイデアをふくらませたのです。

「空気を使って、空気を動かす」―――それがまさに、『エアマルチプライアー』の着想の原点だった、とダイソン氏は語りました。

「(断面モデルを手にしながら)この”へり”の部分は16度の角度が付けられている。ちょうど飛行機の翼と良く似ているんだ。飛行機の翼も上を通る空気と下を通る空気で速度が変わるから浮かび上がる力を得ているんだけれども、その原理をこの『エアマルチプライアー』で応用しているんだ」と、流体力学について語るダイソン氏。話をききながら記者は「ああ、この人は本当に空気の流れを扱うのが好きなのだなぁ」と感じました。

「羽根のついた扇風機が好きじゃないんだ」と語るダイソン氏、その理由は「空気の流れを(くさび形に)切ってしまうから」だそうです。

羽根によって作られた気流は、「分断された気流」として、私たちに届きます。この風はそよ風のような、自然に発生する「シームレスな気流」とは異なるものである、ということなのです。エアコンも好きでは無いけれど、従来の扇風機の風もあまり好きではないダイソン氏が目指したのは、「自然の風」だったのです。

構造的にも、モーターが本体下部に付いていることで重心が低くなり、倒れにくい形状となっています。従来のものではモーターはどうしても羽根の真後ろにつけざるを得ませんよね。また、小さな子供が誤って羽根に触れるという事故も『エアマルチプライアー』ではありません。

さて、記者も実際に動いている『エアマルチプライアー』に近づいてみました。音は普通にモーター音がしていますが、とりわけうるさいというわけではありません。首の角度や回転は、本体部分のモールドに沿って、絶妙に可動します(ちょっとかっこいい!)。

img_8063_s

少しだけビックリしたのは、その構造上、輪の真ん中には風が生じないこと。輪の中に手をくぐらせるとあまり風を感じません。でも、その周囲1.3mmのスリットから噴出す風は、扇風機として十分な量。正面に顔をすえてみると、確かに今までの扇風機の風とはちょっと違う印象。例えるなら、田舎で窓を開けたときに感じる風に近い、という感じでしょうか。これがいつでも体験できるのだとしたら、ちょっと欲しいなあ、と思ってしまいました。

25cmモデルと30cmモデル、カラーはホワイトとサテンブルーが用意されている模様です。気になるお値段は30cmモデルが3万9千円、25cmモデルが3万7千円の予定だそうです。

これからの季節、エアコンと併用することで効率的に部屋を暖める、といった使い方もできる『エアマルチプライアー』。あなたの家のリビングにもおひとついかがでしょうか。

■関連する投稿
思い出のレコードやカセットを手軽にデジタル化『Sound Blaster Easy Record』
『もやしもん』が絵本になった!きんのオリゼー シリーズ『てをあらおう』レビュー
ミッキーがトランスフォーム?『トランスフォーマー ディズニーレーベル ミッキーマウストレーラー』好評再販!

wosa

記者:

最近「ようかい体操第一」が踊れるようになった1970年世代。 「予備校生のような出で立ち」と揶揄されながらも写真撮影、被写体(スチル・動画)、記者などできる限りなんでも、体張る系。 「防水グッズを持って水をかけられるのが好き」などの特殊な性質がある。 好きなもの: 食べ物の写真、昔ゲーム(の音)、手作りアニメ、昭和、穀物

TwitterID: wosa

●ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから

●記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。


Pocket
LINEで送る

新着記事一覧

昨年11月に10周年を迎えたスイーツのテーマパーク『自由が丘スイーツフォレスト』にて、今年も“ハワイ”をテーマにした期間限定イベント『ALOHA!ハワイアン・スイーツ2014』が2014年7月10日から9月8日まで開催されます。各店舗のパ...続きを読む

まつ毛美容液の開発販売や「ニッポンまつ育プロジェクト」を展開するアンファー株式会社が、日本全国の20~50代女性400名を対象に、「まつ毛」に関する意識・実態調査を実施。今回は、「これまでに聞いたことがある“まつ毛に関するウワサ”」に...続きを読む

文化庁推計によると、この1年間で、海賊版などによる日本のコンテンツ被害額は、中国の違法サイトのみで年間約5600億円にのぼるそうです。違法にコピーされた日本のマンガやアニメをインターネットのサイトで無料公開するなどの被害が後を絶たない...続きを読む

『MTN』ってどんなアプリ? 『MTN』は、いくつかの質問への回答を元に自動生成された3DCGの山を見守り続ける「ゲーム」。季節の移り変わりを眺めたり、生物や植物の様子を観察することが出来る。評価時バージョンは1.0。100円。 ...続きを読む

4人の俳優が12年間家族を演じ続け、映画史上初の挑戦から生まれた感動の物語『6才のボクが、大人になるまで。』(原題:BOYHOOD)の公開が11月に決定。米映画評集計サイトの「Rotten Tomatoes」で、実写映画では今世紀初と...続きを読む