体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『鯖の胡椒(こしょう)風味』を実食してみた【格差の食卓:第17回】

dsc_38954

集英社インターナショナルの『2ちゃんねる』スレッドまとめ本『格差の食卓(かくさのしょくたく)』から、気になるものを作ってみるこの企画。今回は『鯖の胡椒(こしょう)風味』です。

「暑くて何もしたくない。買い物にも行きたくない。出前をとるほど贅沢もできない」そんな“ないない”づくしの日ってありますよね。私はあります。夏はあまり得意ではないので、何もしたくなくなってしまう日もしばしば。冷蔵庫には何本かの残った細ネギ、冷凍してあるご飯、そして食料庫には鯖缶…。「もう、これをつくるしかないでしょ!」そんなわけで作ってみました。さて、おいしいかしら。

img_68192

材料
・鯖の水煮缶 (1缶)
・細ねぎ (5本位) ※長ねぎでも可
・ごはん (食べたいだけ)
・しょうゆ (適量) 
・こしょう (適量)
 

img_6774_11

作ってみましょう
・器にごはんを盛ります。

img_6798_11

・鯖の水煮缶をを空けて水を切り、ごはんの上にドバッとのせます。

img_6802_21

・小口切りに刻んだ細ねぎを、鯖の上にドバッとかけます。

img_6804_11

・回すようにしょうゆをかけます。

img_6809_11

 

・こしょうを振ります。※粗挽きこしょうがオススメ。

img_6814_11

・できあがりです。豪快に食しましょう。

dsc_38953

■実食
「見た目が男らしいですね」
「ねこまんまっぽい」
「こしょうとねぎが効いてておいしいよ」
「まあまあだね」

女子としては食べているところを見られたくない感じではあります。人前で食べる場合は鯖の部分を少し崩し、小さめの器に盛ったりすると見栄えが良くなるでしょう。ねぎとこしょうは鯖のくさみをとる意味でも重要!なんとか用意しましょう。

■採点
今回は   ★★★☆☆ 普通

★★★★★ 激ウマッ!
★★★★☆ おいしい
★★★☆☆ 普通
★★☆☆☆ イマイチ
★☆☆☆☆ おいしくない
☆☆☆☆☆ 激マズ

時間をかけずにできる割に、まあまあおいしく、そしてお腹いっぱいになります。本には「酢を加えてひやしたうどんのつけダレにしても(゚Д゚)ウマー」と書かれていますが、そのような食べ方をしても確かに「(゚Д゚)ウマー」な感じです。

『格差の食卓(かくさのしょくたく)』
著者:2ちゃんねる
編者:激安・節約レシピ人民委員会
発行所:株式会社集英社インターナショナル

■関連記事
『もやしとにらのそぼろ和え』を実食してみた【第16回】
『ピーマンといんげんの胡麻(ごま)和え』を実食してみた【第15回】
『ゴーヤの苦味サラダ』を実食してみた【第14回】

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。