ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『ピーマンといんげんの胡麻(ごま)和え』を実食してみた【格差の食卓:第15回】

dsc_3836

 
集英社インターナショナルの『2ちゃんねる』スレッドまとめ本『格差の食卓(かくさのしょくたく)』から、気になるものを作ってみるこの企画。今回は『ピーマンといんげんの胡麻(ごま)和え』です。
 
ごま和えといえば副菜の定番。居酒屋でも良く見かけるメニューですね。「ちょっと野菜をとりたい」という時にはいいんですよね。今回紹介するのは緑も鮮やかなピーマンといんげんのごま和えです。作り方は“超”簡単なのですが、さてさて、おいしく出来上がるのでしょうか。

img_6645_1

 
■材料
・ピーマン (食べたいだけ)
・いんげん (食べたいだけ)
・すりごま (適量)
・砂糖 (適量)
・しょうゆ (適量)
 

img_5365_1

 
■作ってみましょう
・ピーマンをいんげん細切りにします。
 

img_5521

 
・いんげんの両端を切り落とします。
 

img_5513_1

 
・いんげんを適当な長さに切ります。
 

img_5525_1

 
・お湯を沸かして、塩を入れ、いんげんをゆでます。
 

img_5551_1

 
・再度沸騰してきたあたりで、ピーマンを投入。
 

img_5561_1

 
・ピーマンの色が鮮やかに変わったら(あまりゆですぎないこと)、いんげんとピーマンを取り出します。
 

img_5567_1

 
・しょうゆ、砂糖とすりごまを器に入れます。
 

img_5717_11

 
・しょうゆ、砂糖、すりごまをよく混ぜます。
 

img_5721_1

 
・ゆでたいんげんとピーマンを入れて、和えます。
 

img_5722_1

 
・できあがり
 

dsc_38361

 
■実食
「普通にごま和えですね」
「ピーマン意外においしいです」
「へぇー、おいしいよ」
「こんど作ってみようかな」
 
簡単なのにおいしいと、評判はなかなか。ごまは体にいいらしいですね。コレステロールを減らしたり、アルコールも分解しちゃうみたい。すごいー!
 
■採点
今回は   ★★★★☆ おいしい
  
★★★★★ 激ウマッ!
★★★★☆ おいしい
★★★☆☆ 普通
★★☆☆☆ イマイチ
★☆☆☆☆ おいしくない
☆☆☆☆☆ 激マズ
  
ごま和えというと、すり鉢とすりこぎがないとできないという思い込みがあって、なかなか作る機会がなかったのですが、こんなに簡単で短時間でできるならいつでも作れますよね。ゆでる時間が面倒なら電子レンジでも大丈夫。ピーマンは火を通しすぎないで下さいね。
  
『格差の食卓(かくさのしょくたく)』
著者:2ちゃんねる
編者:激安・節約レシピ人民委員会
発行所:株式会社集英社インターナショナル
  
■関連記事
『ゴーヤの苦味サラダ』を実食してみた【第14回】
『ブロッコリーの塩辛クリーム』を実食してみた【第13回】
『キュウリのふじっ子炒め』を実食してみた【第12回】

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy