体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【MobileHackerz X 竹中直純 スペシャル対談(4)】私的利用のガイドラインが争点に–“全録”環境の課題

ガジェ通

24時間、全テレビ局を録画する“全録”でテレビが楽しくなる!MIRO(MobileHackerz)と竹中直純(未来検索ブラジル取締役、SPIDERの仕掛け人)が、テレビの新しい楽しみ方を語る対談シリーズ、第4回。“全録”の課題を議論するうちに、録画データの私的利用に話が及び、トークはさらに白熱します。(バックナンバー:第1回 / 第2回 / 第3回)。

聞き手:ガジェット通信編集部・宮原俊介(shnsk)

 

■手に入れると「なくなること」が不安に
 おふたりは24時間、テレビ局を全局録画する“全録”環境をお持ちなわけですが、全録環境の課題というのは、どういうものがありますか?

竹中  ハードディスクを24時間ホントに回し続けると、結構寿命に微妙な影響が出るんですよ。ヘッドがへたれるとか。だから『SPIDER』は「おやすみ時間」というモードを設けて少し休ませるというのを、ハードディスクメーカーの方からアドバイスを受けました。

平日の夜とか日曜の夜に、放送休止時間がある。あの間を止められるといいんですが、各局バラバラだったりするんで。理想的には壊れる部分のないシリコンディスクが普及して大容量であれば、24時間完全に動かし続けることができるんですが、コストの観点でハードディスクを選ぶしかないんで。iVDR、ああいうものを差すとどんどんチャンネルが増えるとか。そういうのをやれるといいけど、ハードウェア作るのは大変ですよ。

MIRO  『24時間ワンセグ野郎』のように自作する場合、ワンセグチューナーが手に入らない。こういうハードウェアを供給しているところがないのがまず1点(編集部注:24時間ワンセグ野郎で利用できるワンセグチューナーは、ノウハウの問題で対応製品が限定されており、入手が難しい)。

なぜないかというと、価値を認められにくいというか。それこそSPIDERみたいなハードウェアが1台30万円とか、それだけのコストを私は払う価値があると思うのですが、一般の人が払うかというと、そうではない。

1 2 3 4 5 6次のページ
shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会