ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

多彩な武器を操り敵に抗え!『RESISTANCE -アメリカ最後の抵抗-』【ゲームレビュー】

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


はじめまして。普段は『ニコニコ生放送』にてゲーム実況をしているれじです! 今回はアメリカの一般市民となり、謎の生命体キメラと戦ってきたので、感想といいますかレビューを書かせていただきます。

敵は謎の生命体、それに抗うはただの一般市民


『RESISTANCE』シリーズといえば、“謎の生命体キメラ”と、それに抗う“人類”との戦いを描いた作品です。ただ今作の主人公であるトム・ライリーという男は、ただの消防士でしかないのです。

歴代主人公のように、特殊な訓練を積んだ軍人などではなく、一般市民ということです。キメラにさらわれた家族を救うために立ち上がったトムと、キメラに抗う意思を持った者たちの奮闘劇。

それが今作『RESISTANCE -アメリカ最後の抵抗-』の魅力の一つです。

多彩な武器を使い分け、自分流にカスタマイズ

個人的に今作でいちばん魅力的に感じたのは、なんといっても武器でした。武器の種類は全8種類と、グレネードが2種類です。武器は8種類とも全て違った特徴をもち、それに加えて“サブ射撃”というものがあります。

例えば一番最初に手に入るブルズアイという武器。こちらは一般的な使いやすいマシンガンなのですが、このブルズアイに搭載されているサブ射撃は“ホーミングタグ”というもので。タッチパネル上でターゲットをタッチすると、ターゲットにタグがつきます。

そうするとなんと……銃口をどこに向けて撃とうと、弾がタグに吸い寄せられるかのようにホーミングするのです!

文字通りですね! それと個人的に物凄く気に入ったのが、オーガーという武器です。
なんとこの武器、壁を貫通するんですよ……!

そしてなんと! サブ射撃ではシールドを張ることができるんです! つまり、自分でシールドを張り防御をしつつ! そのシールドを貫通させて敵に攻撃ができるんです!! このような超未来的な武器が手に入るたびに、ついニヤニヤしてしまいました……。

このように、8種類全ての武器に特徴があり、上手く使い分けることで攻略も捗りますね。
そんな使っているだけで楽しめる8種類の武器ですが、更にこの武器を自分流にカスタマイズすることもできるんです。

ステージのいたるところに落ちているアップグレードアイテムを入手することにより、武器を今より更に強化することができます。例えば先ほど挙げたオーガーですが、こちらはアップグレードすることで同時に3発の弾を発射することができるようになったり、シールドの持続時間を延ばしたり……。なんと1つの武器に6つずつ強化要素があるんです! まさに“多彩”ですね!

FPSといえばマルチプレイ

FPSといえばオンラインマルチプレイに期待をする方は多いのではないでしょうか? もちろん、本作は“オンラインマルチプレイ対応”です! 最大8人でプレイ可能になっており、ルールもいくつかあります。

FPSのゲームではおなじみの、デスマッチやチームデスマッチはもちろんあるのですが。今回私が注目したのは“サバイバルモード”です!

なんとこのモードでは、倒れたプレイヤーがキメラになってしまい、オンラインマルチでの“人類”VS“キメラ軍”というのを味わえるんです。人類側が全て倒され、全プレイヤーがキメラとなった時点でキメラ軍の勝利となります。それに対して人類側は制限時間内に生き延びたプレイヤーの勝利ということになります。こういったオンラインプレイもまた新鮮味がありますね!

しかも本作では、ストーリー中に使えた超未来的な武器が使用できるんです! 本編クリア後にも、このオンラインマルチ対戦で長く遊べそうですね。

まるで一本の映画を観ている気分

というわけで、今作『RESISTANCE -アメリカ最後の抵抗-』について色々感想を書いてみたのですが。私がプレイしてていちばん思ったのが、「まるで一本の映画を観ている気分」でした。
テンポよく話が進み、それでもって迫力のある戦闘やムービーもあり、トム・ライリーのヒューマンな物語もよかったです。

私は映画が大好きなので、もう途中やめるにやめられず、最初からハードモードで遊んでいたのですが、結局クリアまで遊んでしまいました! なので是非みなさんも、タッチパネルを使った新感覚FPSを楽しむだけではなく、物語にも注目してプレイしてみてください!

『RESISTANCE -アメリカ最後の抵抗-』
フォーマット:PlayStation Vita
ジャンル:アクション・シューティング
発売日:2012年7月12日
販売形態:PlayStation Vitaカード版/ダウンロード版
PS Vitaカード版希望小売価格:4980円(税込)
ダウンロード版販売価格:3900円(税込)
CERO: C(15歳以上対象)
プレイヤー:1人(オンラインモード:4人もしくは8人)
公式サイト:RESISTANCE -アメリカ最後の抵抗-

(C)2012 Sony Computer Entertainment America LLC

(ゲームレビュアー:れじhttp://game.getnews.jp/a/1165

ゲーム通信の記事一覧をみる ▶

記者:

最新ゲームレビューとゲーム実況放送の情報をお伝えするエンターテインメントニュースサイトです。ゲームの情報を少しずつ増やしていきたいとおもいます!

ウェブサイト: http://game.getnews.jp/

TwitterID: gamereviewblog

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP