体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「図書館で本を借りたらTポイント」TSUTAYAが公立図書館運営へ――Facebook市長「本の貸出履歴は個人情報ではない」

Tカード

Facebook市長とも呼ばれる佐賀県武雄市の樋渡市長が新しい図書館の構想を発表。TSUTAYAを運営するカルチュア・コンビニエンス・ストア株式会社(CCC)の増田社長も同席し、共に夢を語った。「図書館内で雑誌や文具販売」「図書カードはTカードに移行」「本を借りたらTポイントが増える」「Tカードがあれば市民じゃなくても誰でも本を貸し出せる」という、サービス面で意欲的な試みを伴う公立図書館となるようだ。オープンは来春4月を予定。

※TカードとはTSUTAYA会員証のこと

5月4日にCCCの増田社長と共に新図書館の構想発表、その後記者会見などがおこなれた。その様子はUSTREAMでも公開されているが、要点を簡潔にまとめてみた。

まとめ

・佐賀県武雄市が図書館の運営をCCC(TSUTAYA)に委託。来年4月スタート。
・図書館で雑誌・文具の販売がおこなわれ、本を借りたらTポイントがつくという初の試み。
・雑誌の貸出はおこなわない(雑誌が痛むため)。
・年中無休365日、朝9時から夜9時までオープン。
・蔵書20万冊に倍増する。
・図書カードはTカードへ移行する予定。市民でなくてもTカードを持っていれば貸出してもらえる。返却は郵送でも可。
・セキュリティ専門家から本の貸出履歴情報はCCCへ提供するのか、との質問に「何を借りたのかという情報は個人情報ではない」と市長が会見中に語気を荒げる
・会見にはFacebook市長とも呼ばれている武雄市長とCCC増田社長が出席。
・同市では市職員が全員Twitter、Facebookのアカウントを取得し、市のサイトはFacebookへ移行中
・市長は日本Twitter学会会長 兼 日本Facebook学会会長という肩書きを持っているらしい
・現状の図書館年間運営コストは1億4500万。これを運用費としてCCCに渡す。1割のコストカットを目指す。

武雄新図書館構想発表会

TSUTAYAを運営するCCCが公立図書館づくりに挑む

TSUTAYAを運営するCCC(カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社)が佐賀県武雄市立図書館と提携し、はじめて公立図書館運営に乗り出すことが明らかとなった。来年4月から図書館での雑誌・文具の販売やカフェダイニングを開始。さらに図書カードをTカードへ移行し、図書館でTポイントやTカードも利用できるようにする。本を借りた人へのポイント付与も検討されているという。図書館で本を借りて貯まったポイントを使ってTSUTAYAで本や雑誌を買うという斬新な使い方もできることになるのだろうか。映像や音楽コンテンツ(DVD・CD)も強化していくとの構想と「代官山のツタヤみたいにしたい」という夢が市長から語られたが、となると将来ここは「TSUTAYAに無料の本の貸出エリアがついたような施設」になるのかもしれない。

確かに利用者側からすれば便利そうに見えるこのTカードを使った図書館運営の構想だが、会見ではセキュリティ専門家の高木浩光氏から本の貸出履歴のCCC側への提供等に関するいくつかの質問が出され、市長が答えに詰まる場面もあり、さらには「何を借りたかっていうのは、何でこれが個人情報だ」との発言もあった。ふつう「誰がどんな本を借りたか」というのは個人情報そのものじゃないかと思うのだが、そのあたりを何も考えてないとしたらちょっと驚きだ。市長はそれでいいとしても市民はどうなのだろう。

セキュリティ専門家、高木氏の質問と市側の回答は高木氏のサイトにまとめられている
参考)
武雄市長、会見で怒り露に「なんでこれが個人情報なんだ!」と吐き捨て
http://takagi-hiromitsu.jp/diary/20120504.html

フェイスブック市長は個人情報をどう捉えているのか

佐賀県武雄市長は「日本ツイッター学会会長 兼 日本フェイスブック学会会長」という肩書きも持ち、市職員全員にFacebookアカウントを取得をさせた市長として有名だ。もちろんみなさんご存知の通り、Facebookのアカウントを取得するには実名を含む個人情報の登録が必須。そして市のホームページはFacebookページへ絶賛移行中だ。もちろん既存のある程度こなれた民間のサービスを使えば便利な部分も多いだろうし、自前のサイトを持つよりコストは削減できるだろうが、実名に紐付けられた情報発信のリスクについての意識は低いようだ。「本の貸出履歴は個人情報ではない」という発言がそれを象徴している。

1 2次のページ
深水英一郎(ふかみん)の記事一覧をみる
深水英一郎(ふかみん)

記者:

見たいものを見に行こう――で有名な、やわらかニュースサイト『ガジェット通信』発行人。トンチの効いた新製品が大好き。ITベンチャー「デジタルデザイン」創業参画後、メールマガジン発行システム「まぐまぐ」を個人で開発。利用者と共につくるネットメディアとかわいいキャラに興味がある。

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。