体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ディズニーシーで花を愛でるという贅沢 まったり派にもオススメの『ディズニー・イースター2018』

女は30過ぎると、着物、器、花が急激に好きになると言いますが、本当にねそうなんですよ。筆者もまさにあてはまり中でして、とくに花はどんどん好きになってきます。

そうすると、東京ディズニーランド/ディズニーシーに行った時も花壇や飾られたお花に目がいってしょうがないわけです。アトラクションやショーを楽しむのはもちろん、のんびり景色とお花を楽しむのもオツだなあなんて思ったり。というわけで、今回は「花を愛でる」をテーマにディズニーシーを歩いてきたレポートをします。

6月6日まで東京ディズニー・シーにて開催中の『ディズニー・イースター』。カラフルで華やかなコスチュームを身にまとったショー『ファッショナブル・イースター』や、パークに飾られた卵を探す『エッグ・ハント』など、毎日多くの方がイースターを楽しんでいます。

パークの中には、イースターエッグをイメージした可愛いオブジェがたくさん!

キャラクターに合わせてお花のカラーリングも変わっているのが嬉しい。

アメリカン・ウォーターフロントにある卵がたくさん入ったバスケットは人気の撮影スポットです。

キレイなお花がパーク中に広がっているので、見ているだけで幸せ!

お花に囲まれて写真が撮れるフォトロケーションも。

歩き疲れたら、「ワインカクテル(シトラス&エルダーフラワーシロップ)」でカンパーイ!

今の季節、テラス席で食事が出来るのが嬉しいですよね。ランチからカクテルで贅沢気分です。

1 2次のページ
藤本エリの記事一覧をみる

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。