体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

異色レシピ本『どん二郎の作り方』著者・ノジーマ記者インタビュー「今日は全部、言っちゃうね」

ガジェット通信のノジーマ記者が執筆したレシピ本『世界一美味しい「どん二郎」の作り方』(宝島社)が今年の1月12日に発売となりました。

前代未聞のネタ系おもしろレシピ本『世界一美味しい「どん二郎」の作り方』が凄い! 簡単珍食レシピ60ネタを収録
http://getnews.jp/archives/2005619 [リンク]

日清食品のカップうどん『どん兵衛』に牛脂やニンニクなどを投入し、ラーメン二郎風の味に仕立てる『どん二郎』も凄いのですが、他にもカップラーメンうまい棒など、普通のレシピ本では取り扱わないような食材を巧みに使いこなした斬新なレシピが計60ネタも掲載されている、なんとも異色なレシピ本なのです。

ノジーマ記者にインタビューを敢行!

書籍の出版にあたり、ノジーマ記者は他の媒体からインタビューを受ける機会もあったようですが、いつも記事を書いているガジェット通信だからこそ話せる裏話もきっとたくさんあるはず!

というわけで、ガジェット通信のノジーマが、ノジーマ記者にインタビューを敢行してみました(自問自答)。

こんなおもしろいレシピ本、他にないよ!

―― 今日はインタビューよろしくお願いします。

ノジーマ:おねしゃーす。

―― まずはレシピ本の発売おめでとうございます。率直に言って、手応えの方はいかがですか?

ノジーマ:手応えは最高。こんなにおもしろいレシピ本なんて他にないよ? 写真は迫力あるし、読んでるだけで楽しいよ、こりゃ。料理する気ゼロの人にこそ手に取って欲しいかも。ほんとにおもしろい!

―― まあ、普通のレシピ本にはおもしろい要素って必要ないですもんね。

ノジーマ:うん。でもそれがいい。少なくともレシピ本業界に爪痕は残せた。

1 2 3 4 5次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy