体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ぜんぶ苺味なのに違いがわかりすぎる!期間限定・数量限定『12粒ルック<4つの苺食べくらべ>』!

 

甘くおいしい苺は日本の宝! 豊富な品種があり、いずれも甘くおいしいのは世界中で日本だけだという。『12粒ルック<4つの苺食べくらべ>』は日本を代表する4種類の苺をチョコレートした特別なアソートチョコだ。

1箱に4種の味わい!『12粒ルック<4つの苺食べくらべ>』新発売

発売55周年で盛り上がる不二家のチョコレート「LOOK」(ルック)に、また新たな味わいが登場! 1箱で4つの苺が楽しめる『12粒ルック<4つの苺食べくらべ>』(12粒入り・希望小売価格 税抜120円・2017年11月28日発売)。期間限定での発売だ。

そのラインナップは、日本を代表する苺ブランド「あおおう」をはじめ、さっぱりマイルドな「さがほのか」、酸味も甘味も濃厚な「とちおとめ」、誕生してまもない「スカイベリー」の4種類! いちごは好きだけれど「チョコレートという存在感あるものに混ざり、それぞれの苺の味わいをはっきりと出すことができるのか?」と少々ギモン。さっそく4つを食べ比べて、その味わいを確かめてみよう!

 

ぜんぶ苺味なのに、違いがわかるってオモシロイ!

1箱で4つの苺味が楽しめる『12粒ルック<4つの苺食べくらべ>』は、見たところどれも同じLOOK。だが、パリッと軽い食感のミルクチョコレートに包まれた中身は4つのブランド苺を贅沢に使用したいちっごチョコレートが閉じ込められているという。

パッケージを開けると、左からあまおう・とちおとめ・スカイベリー・さがほのかの順に並ぶ。4つの苺それぞれの特徴は次の通り。

 
あまおう・・・福岡県の苺。”あかい・まるい・おおきい・うまい”の頭文字を取って命名。大粒で真っ赤、いわずと知れたブランド苺の王様!
とちおとめ・・・栃木県の苺。大正時代から栽培されていて、鮮やかな赤色で大粒、甘いことで人気。
スカイベリー・・・平成26年に品種登録された新品種で、とちおとめの後輩。糖度と酸度のバランスが良く、ジューシーな苺。
さがほのか・・・佐賀県の苺。香りがよく、身がしっかり硬めで歯ごたえがある。着せ替え人形「リカちゃん」がイメージキャラクター。

 

 

記者の感覚では、あまおう&とちおとめは1パック800円近くする高級苺。さがほのかは1パック500円程度でわりと手頃、庶民の味方という印象がある。関西に住んでいるのでスカイベリーはまだお目にかかったことはない。経験上、あまおうが一番濃いと予想されるので、右の「さがほのか」から順に食べていくことに。

「さがほのか」はやさしくマイルドな甘さのチョコレート! 果汁感はあまりなく、明治のアポロのような味だと思った。が、ブランド苺使用だけあり、その香りの良さはさすが。食べた後も苺の香りが続く。

「スカイベリー」は、食べなれた苺味のチョコレートのように感じたが、後味がちょっとすっぱい。やさしい甘さで食べやすいチョコに仕上がっていた。

1 2次のページ
おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy