ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

校風が見える!? 関西学院大学・同志社大学の不合格通知の文面が話題

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

fugokaku_01

最近の大学入試では、ネットで合否発表をするケースが増えていますが、そんな中でも校風が垣間見えるもの。ある『Twitter』ユーザーが関西学院・同志社の関西でも名門と呼べる私立大学の不合格通知をツイートして話題になっています。


関学は「合格者リストにも補欠者リストにも載っていません。不合格通知は送付いたしません。なお、本サイトの見間違いを理由とした入学手続きは一切認めません」という、極めて事務的な文面。
それに対して、同志社は不合格である旨を伝えた後、「あなたにとっては残念な結果となりましたが、あなたの日々の学習努力に心から敬意を表します。再度奮起され、来年も同志社大学を目指されるなら、次こそはぜひ合格通知を受け取っていただきたいと願っています。同志社大学は、あなたの挑戦を来年もお待ちしています」とのメッセージを贈っています。

関学も同志社もプロテスタント系の学校ですが、後者は創立者・新島襄の方針でキリスト教の伝道を目的としない学校。それに対して関学は「奉仕のための練達」をカレッジモットーとして提唱しており、教義について忠実な校風でもあります。一見して突き放す文面なのは、そのあたりが影響しているのかもしれません。

ネットでは「同志社優しい」「関学はちょっと……」といった声が集まっている一方、「ズバッと言ってくれるほうが嬉しい」という意見もありました。

※画像は『Twitter』より
https://twitter.com/Mr_parituke/status/832579835155271680 [リンク]

ふじいりょうの記事一覧をみる ▶

記者:

乙女男子。2004年よりブログ『Parsleyの「添え物は添え物らしく」』を運営し、社会・カルチャー・ネット情報など幅広いテーマを縦横無尽に執筆する傍ら、ライターとしても様々なメディアで活動中。好物はホットケーキと女性ファッション誌。

ウェブサイト: http://yaplog.jp/parsleymood/

TwitterID: parsleymood

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。