ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

マルーンカラーや沿線各地の風景をデザイン!阪急電車グッズ「Hankyu Densha」発売

DATE:
  • ガジェット通信を≫


電車グッズというと、一部マニアだけが喜びそうだが、鉄道に興味がない人でも欲しくなるような阪急電車グッズ「Hankyu Densha」が、9月12日より阪急沿線駅ナカ・駅チカ店舗にお目見えする。

マルーンカラーや沿線各地の風景をモチーフにした生活の中で様々な用途に使えるグッズがランナップ。ポップなデザインのマスキングテープをはじめ、ボールペン、クリアファイル、手ぬぐい、デンタルセットなど全20アイテムを用意。

これらのアイテムには、阪急電車のシンボルであるマルーンカラーを使い、電車ファンならずとも、気になるデザインに仕上がった。中でも、駅名看板、切符、駅に関するアイテムや神戸、宝塚、京都の各線や梅田の風景などに溶け込む阪急電車をイメージしたアイテムが印象的。これらのアイテムには、身近な存在として阪急電車が各都市を結ぶ架け橋でいたいという思いが込められている。

各アイテムの価格は、ゼムクリップ税抜400円、ふせんセット税抜300円、消しゴム税抜150円、ペンケース税抜1,000円、マスキングテープ2種税抜各350円で発売。販売店舗は、アズナス、アズナスエクスプレス、ラガールショップ全店、カラーフィールド梅田店、カラーフィールド西宮北口店、クレデュプレ梅田店となっている。

なんとなくノスタルジックなイメージのデザインが施したこれらのアイテムを見るとほっこりとした気分になれる。大人なから子供まで、受け入れられるデザインなので、プレゼントにも喜ばれそうだ。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ストレートプレスの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP