体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

マーベルのえらい人にガジェ通スタッフが描いた「スパイダーマン」の絵を見てもらった!

spiderManmoca

友情が、友情を引き裂く。過去の親友か、未来の仲間か? 現在大ヒット上映中の映画『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』。先日ガジェット通信でもクロスレビューを掲載しましたが、“チーム・キャプテン・アメリカ”と“チーム・アイアンマン”が闘うという、豪華すぎるヒーロー大戦はとにかく大迫力! アントマン、スパイダーマン、ブラックパンサーと新加入メンバーも大活躍でアメコミファンにとってはたまらない一本となっています。

【映画クロスレビュー】壮大すぎるスーパーヒーロー大戦! 新キャラの存在感もバッチリ『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』
http://getnews.jp/archives/1452128 [リンク]

シビル・ウォー

マーベル作品の魅力と言えば、個性的なキャラクター達。どんだけキャラ立ちするのだ! とワクワクしてしまうほど、それぞれが素晴らしくて、推しキャラを決めては変え、決めては変えてしまうわけです(筆者はバッキーとホーク・アイが大好き)。

C.B.セブルスキー

そんな、マーベルの魅力的なキャラクターの秘訣はどこにあるのか? マーベル社のバイス・プレジデント(副社長)を勤め、日本を始めとするアジアでの国際開発&ブランド・マネージメントを手掛けるC.B.セブルスキーさんを直撃! 色々とお話を聞いてきました。さ・ら・に「スパイダーマン」をお題にガジェット通信スタッフがそれぞれイラストを作成。C.B.さんにレビューしていただきました!

【C.B.セブルスキーさんの主なお仕事】
・日本等でアーティストの発掘
・マーベルのブランディング(特にアジアを中心に)
・マーベル映画に関わっているコミックス所属のアーティストの育成
・日本やアジアでのクリエイティブディレクション

2年前話題となった『進撃の巨人×マーベル』の立役者が、このC.B.さんなのです!
http://matome.naver.jp/odai/2141516281834872001

ガジェ通スタッフが描いた「スパイダーマン」を見てもらった!

スパイダーマン

今回お題となったスパイダーマンとは、言わずとしれたマーベル作品の大人気キャラクター。これまでに『スパイダーマン』1〜3(サム・ライミ監督)、『アメイジング・スパイダーマン』1、2(マーク・ウェブ監督)と5作品が発表されていて、最新作『SPIDER-MAN: Homecoming』(原題)が2017年夏に公開予定となっています。

【wosa(おさだこうじ)の作品】

Evernote Camera Roll 20160314 163521 Evernote Camera Roll 20160314 163522
1 2 3次のページ
藤本エリの記事一覧をみる

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy