体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

長崎24時間弾丸ツアーで『佐世保バーガー』を食らう

佐世保バーガー

先日、長崎24時間弾丸ツアーにガジェ通ウェブライター5名で行ってまいりました。 目的は軍艦島上陸、長崎中華街散策、長崎繁華街散策、レコード購入、そして佐世保バーガー食べ歩きでございます。今回はその佐世保バーガー食べ歩き編レポです! 軍艦島などのレポは、凄い枚数の写真があるので、後日まとめてから書きます。

さて、みなさんは佐世保バーガーをご存知ですか? 私は名前は聞いた事はあるけれど、詳しい事は全く知りませんでした。調べてみるとどうやらひとつの決まったスタイルのハンバーガーを指していうのでなく、佐世保市内の店で提供される「手作りで」「注文に応じて作り始める(作り置きをしない)」こだわりのハンバーガーの総称だそうです。つまり、佐世保にあるので佐世保バーガーというご当地グルメなわけですね。

佐世保バーガーボーイ

佐世保でみつけたハンバーガーを模したキャラクターは、佐世保バーガーのマスコット「佐世保バーガーボーイ」という名前。アンパンマンでおなじみのやなせたかし氏がデザインした佐世保バーガーのマスコットキャラ。2006年には相方である「させぼのぼこちゃん」も誕生。「佐世保バーガーボーイ」は佐世保市内のどのバーガーショップにもあった気がします。

あと、今回のレポは私達の主観における内容で、人によって味の好みも全く思いますのでご容赦のほどを……。それでは、以下詳細レポです~!

佐世保バーガー

まず、私は佐世保バーガーを食べた事がないので、めちゃめちゃ期待してたわけですが、長崎市でかなり時間を費やしたため、佐世保についたのは夜の19時ほどでした。しかも、その日のうちに地元(大分市)へトンボ帰りという強行スケジュール! つまり、佐世保にいる事ができる時間は約2時間しかないという。しかも夕方に、長崎市内で「この後佐世保に移動してハンバーガー、楽しみ!」と言いながら軽い気持ちで餃子を食べるという暴挙を行ったため、何だったらそこまで腹減ってない。それでもこんな遠くまで来たんだからせっかくなので初めての佐世保バーガーを満喫しようと突撃したわけです。

まずは、高速を降りてすぐ左手にあるLOG KIDとヒカリを発見!

佐世保バーガー

で、とりあえずLOG KIDへ! 事前情報では、人気ナンバーワンのお店です。

佐世保バーガー

お店の前には「顔はめ」があったので記念撮影。

佐世保バーガー

 

佐世保バーガー

さぁ、いよいよ店内へ!

佐世保バーガー

2階がお店です。下はバイク屋さんでした。

佐世保バーガー 佐世保バーガー

入口はいってすぐにキャッシャーがあって、メニューを選びます。先払いです。持ち帰りもOKです。

佐世保バーガー

注文を終え、今か今かと楽しみに待ちます。

佐世保バーガー

食べ方(楽しみ方)の説明書きがありました。

佐世保バーガー

注文したハンバーガーが来た~! ちゅか、でかい~っ!

佐世保バーガー

卵(スクランブルエッグ!?)が特徴的で、全体的に甘さがあります。バンズはしっかり焼けてて美味しいです。パテは薄いので、わりとお肉~って感じではなく、素材それぞれの味が活かされている印象です。

佐世保バーガー

中身たっぷりです!

佐世保バーガー

ホットドッグも注文してみました。

佐世保バーガー

ホットドック、めちゃうま!

佐世保バーガー

ほんと、この佐世保バーガーはボリューム満点です。凄く美味しい。

佐世保バーガー

最初のお店ですでにお腹が膨らんできました。計画性もなければ、それ以前に何も考えていません。長崎24時間弾丸ツアーだけで、それまで毎日頑張って続けたランニングの成果をすべて失いました。

佐世保バーガー

次はLOG KIDの斜め下にあるヒカリというお店に移動。

佐世保バーガー

ここも店内でも持ち帰りでもOKでした。

1 2 3次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。