体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【モノ・マガジンのデジカメ報告No.1】撮影迅速画質最強! ルミックスGX8

P7243354

モノ・マガジンのデジカメ報告No.1

本稿は1982年創刊モノ情報誌のパイオニア『モノ・マガジン』長期デジカメ連載「写真家:織本知之のデジカメナウ」を気まぐれに電脳スペース上に移植したものである。または、カメラ片手に世の森羅万象を記録せんと闊歩する電磁カメ戦士たちに送るラブレターでもある。

ルミックスGX8/20メガフォト×4Kムービー=GX8!
今宵のルミックスは撮影迅速画質最強!

ど真夏の撮影で愛機のミラーが上がらなくなった時、名作『天空の城ラピュタ』でパズーがゴリアテの砲撃の中シータを救出の場面でのセリフを引用して「上がれぇぇ!」と叫ぶよりも……ルミックスGX8

今年の夏も暑うござんしたね。みなさまにおかれましてはつつがなく夏を過ごされましたか? わたくしのほうは、猛暑の取材中に頼みのメインカメラがダウン。

いえ、正確に言うとシャッターは切れるけど上がってこないという背筋が凍るような体験をしたおかげで体感温度がグッと下がりまして……ぐはっ、なんだよコレ! シャッターが下がりっぱなしで上がらねえ! 

ここは気分もアゲるために名作『天空の城ラピュタ』よりパズーがゴリアテの砲撃のなかシータを救出の場面でのセリフを引用して……「あがれぇぇ!」……だめか。

ええと、サブカメラは……おっと、報道控室に置き忘れてた……幸いにもこの日、もう一台首から下げた借り物のテストボディに最後の望みを託しました。

このボディはレポート用に貸し出されたベータ機で、画質などにおいて細かな評価は行うことができません。まだ未使用がチェリーボーイならこちらは出荷前のアスパラガス坊主っつうところです。当然この暑さではとうの昔にダウンしていても……こいつ、動くぞ。

結論から言いますと4Kフォト+ムービー機能を搭載したこのルミックスGX8はどえらく熱に耐性があるようでした。だからといってジオンのザクが大気圏突入時に耐えられず、ガンダムだけが無事だったという故事宇宙歴につなげようとは思ってませんのでご安心ください。

推奨してませんしジークジオンだし。

さて、最大のピンチをGX8のお陰でカンイッパツ切り抜けた私のレポートがこれから始まるのですが、だからといってルミックス贔屓の美辞麗句を並べることはありません。

ええ、ありませんとも。

ルミックス/DMC-GX8
手振れ補正システム「Dual I.S.」/有効2030万画素センサー/約236万ドットチルト式EVF/メカシャッター速度60~1/8000秒/約104万ドット3.0型チルト式背面モニター/14-140㎜レンズ装着時質量約752g

スペック

では、ルミックスDMC-GX8のスペックを紹介したいと思います。

この素晴らしい高品質な外装をまとったクールなGX8はマイクロフォーサーズ最強の4/3型Live MOS 2030万画素センサーを搭載し、連写撮影速度は電子シャッター時においては約40コマ/秒の超高速連写を誇り、2軸補正のレンズと4軸のボデイ側補正をコントロールした世界初のレンズ、ボデイ同時手ブレ補正機能「Dual I.S.」は実に心強し。

この補正は誠に強力で薄暮の中、揺れる脚立の上での撮影時でも安定したファインダー像から盤石の安定感を発揮しているのを実感。

何台もない貴重なテスト機で無茶してスイマセン。

自慢の4Kフォトモードは4K連写、4K連写(S/S)、4Kプリ連写とそれぞれ 30コマ/秒の万全の布陣で全方向に死角無しで実にハラショー! 4Kフォトがスタンドアローンで切り出せるのはパナソニックだけのスゴ技なんです。

リニアなシャッターで事象を完全撮影する通常の4K連写をはじめ、シャッターでスタートそのまま撮影、ストップするまでの間の決定的瞬間を逃さない4K連写(S/S)、さらに震えるのが『あ、今だ!』と思った瞬間にシャッターを押せばその前後1秒間合計2秒ものシーンをカメラが記録してますのでチャンスを予感したときはまずはカメラを向けておいてください。

GX8なら遅すぎたと後悔することはないのです。

スゴ技機能4K連写

4K連写① 4K連写② 4K連写③

バットしなってます!

4K連写④

普通は若くて勘が良くて、そこそこ場馴れして良いカメラ使えば野球報道で使用するバッティングの写真なぞ1日みっちりやれば撮れはじめます。が、毎打席というか必要な場面を撮り逃さないようになるには何年もかかります。

1 2次のページ
モノ・マガジン編集部の記事一覧をみる

記者:

1982年創刊のモノ情報誌のパイオニア。

ウェブサイト: http://www.monomagazine.com/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy