ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

2015年Q2の国内タブレット出荷台数は169万台とマイナス成長(IDC Japan調査)

DATE:
  • ガジェット通信を≫

IDC Japan が 2015 年Q2(4 月 ~ 6 月)におけるタブレット端末の国内出荷台数に関する調査結果を公開しました。同社によると、この四半期の総出荷台数は 169 万台で、前年同期から 13.4% も減少しました。この中でも、家庭向けの出荷台数は前年同期から 26.0% も減少しています。一方、ビジネス向けについては、前年同期から 35.0% も増加したものの、家庭向けのシェアの方が高いことから全体としてはマイナス成長となりました。メーカー別シェアは、トップは Appleで 42.3% の高いシェアを維持していました。2 位以降は、ASUS、Microsoft、LG、Sony、NEC / Lenovo 連合です。iPad がシェアトップで、Android と Windows タブレットが残りのシェアを二分したといったところでしょうか。Source : IDC Japan


(juggly.cn)記事関連リンク
Xiaomi Mi 4cはUSB Type-Cを採用
Anker、従来より30%軽量にした20,100mAhの大容量モバイルバッテリー「PowerCore 20100」をAmazonで発売
OnePlus HydrogenOSの標準ホームアプリがダウンロード可能に

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP