ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

【Kotaku JAPAN】被災地の子どもたちにボードゲームやおもちゃを送ろう!

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
【Kotaku JAPAN】被災地の子どもたちにボードゲームやおもちゃを送ろう!

再びゲームに熱中できる日が1日も早く来ることを願って…。

Twitter上の被災地情報を市町区村ごとに確認できるサイト『negau.org』を展開するnegau.orgプロジェクトが、被災地の避難所などで生活を送る子どもたちのために「こども支援プロジェクト」を立ち上げました。

受付物資は以下の通り。

* * * * *
1. 文房具類:ノート、落書き帳、スケッチブック、鉛筆、消しゴム、色鉛筆、マーカーペン、サインペン、ボールペン、鉛筆削り、折り紙 など
2. お菓子類:箱入りチョコレート、箱入りスナック菓子、あめ、ラムネ など
3. 本・絵本類:幼児向け、小学生向け、中学生向け
4. おもちゃ:トランプ、ボードゲーム(なるべく小型のもの)、ミニカー、ボール類 など
5. その他:おむつ、お尻ふき、ガーゼ、せっけん、シャンプー(水が不要のもの)、ウェットティッシュ、子ども用歯ブラシ、フェイスタオル、子ども用下着・靴下 など
* * * * *

集めた物資は仕分け後、「笑顔袋」としてパッケージングされ、東北地方の避難所や仮説住宅で暮らす子どもたちに届けられます。

プロジェクト代表のワンパク・阿部淳也さんからもメッセージをいただきました。

* * * * *
鉛筆1本の支援だっていい。一人一人の力は小さくともみんなが集まれば大きな力になる。未来を担う子どもたちに笑顔を届けよう。
* * * * *

受付期間は4月15日まで。宅急便、郵便などの元払いで送付、または中目黒にある事務局まで直接お持ち込みください。

今回の震災によってお気に入りのおもちゃやゲームを失ってしまった子どもたちも多いことでしょう。元ゲームキッズの皆さんの支援で、被災地の子どもたちに笑顔を!

negau.org 被災地支援プロジェクト
pic

(菊地正宏)

※この記事は、ガジェット通信の災害情報に関するブログニュースサイトの相互協力提案に基づき転載を許可いただきました。

オリジナル記事:
被災地の子どもたちにボードゲームやおもちゃを送ろう!(Kotaku JAPAN)

■関連記事
災害情報に関するブログニュースサイトの相互協力提案について
“顔の見える”被災地支援 八戸のレストランを“予約”して漁師さんと地元にエール!
『HOME’S 住まい探し支援特集』など不動産会社による被災者への優遇賃貸がはじまる
「うち使って!」被災者へ全国から住居提供が続々!『roomdonner.jp』などマッチングサイトまとめ
海水で冠水した車両には「むやみに触らない」「バッテリーを外す」 JAFが呼びかけ

ガジェット通信の記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。