ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「うち使って!」被災者へ全国から住居提供が続々!『roomdonner.jp』などマッチングサイトまとめ

roomdonner

震災で家を失った人に、少しでも良い環境で復興のための元気をつけてもらいたいと、個人の方々からも、空いている家や別荘の提供、ルームシェアなどさまざまな声があがっています。そんな被災した人を受け入れたいという方と、被災した方とをつなぐさまざまなマッチングサイトが立ち上がっています。

<マッチングサイト>
・roomdonor.jp
http://roomdonor.jp/
住宅の無償提供、滞在期間は主に3ヶ月~1年以上、やりとりは提供者と利用者間で行う

・被災者ホームステイ『earthday money』
http://earthdaymoney.org/
住宅の無償提供など、滞在期間は主に1か月~3か月、やりとりは事務局が介在、登録数3000強

・震災ホームステイ
http://www.shinsai-homestay.jp/
住宅の無償提供、滞在期間は主に1ヶ月~1年以上、やりとりは事務局が介在

・仮住まい情報掲示板『Lococom』
http://www.lococom.jp/common/guideline/karizumai/
住宅の無償提供など、やりとりは提供者と利用者間で行う

・『うちくる?(ver.β)』
http://uchiku.ru/
住宅の無償提供など、やりとりは提供者と利用者間で行う

・『sos-host』
http://sos-host.com/
住宅の無償提供、やりとりは提供者と利用者間で行う、被災した方からも情報を発信しメッセージでやりとりができる

・『仮り住まいの輪』
http://www.karizumai.jp/
住宅の無償提供など、滞在期間は主に1ヶ月~3ヵ月、やりとりは事務局が介在、不動産・建設業界の方々が発足

<参考になるサイト>
・仮ずまいをさがしている被災者の方へ 『シェアハウスで被災者を受け入れるノウハウまとめ』
https://sites.google.com/site/share311/forrefugees

・新潟県中越地震被災者生活再建の手引き(pdfファイル)『新潟県中越地震災害対策本部』
http://www.pref.niigata.lg.jp/HTML_Article/69/258/saiken_tebiki,0.pdf

・ルームシェア入門『ルームシェアルームメイト』
http://blog.roommate.jp/guide/

※これらの情報は追加情報などがあった場合、追記、訂正の可能性があります。
 2011年4月8日 『sos-host』、『仮り住まいの輪』情報追加

*   *   *   *   *

このようなマッチングサイトはどういったものなのか『roomdonner.jp』を開発・運営しているバザーリー株式会社代表の福崎康平さんにお話をききました。

koppe

写真:バザーリー株式会社代表の福崎康平さん(Twitter:@fk_koppe

img_20110328_213852

写真:システム開発担当の佐橘一旗さん(Twitter:@astrider_

――このサービスをはじめようと思ったきっかけについて教えていただけますでしょうか

大学(慶應SFC)の研究会で2年間一緒だった佐橘一旗と佐橘の高校時代の同級生で東京大学の学生3人で今年の1月に会社を設立しました。3月11日に地震が起き、会社のメンバーと何か力になれることはないかな、というのをずっと考え続けていました。
被災者の衣食住環境の中で、衣服も食料ももちろん重要な救援だとは思っていたのですが、どうしても阪神大震災などを礼にあげると、コンテナやテント村など、政府が被災者の住宅を支援するシステムというものが後手に回ってしまうというのがありまして、別荘や、子供が成人して部屋が余っている人たちの有効資産をどうにか被災者のために活用できないかなというのがあってサービスをつくりました。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy