体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『MapFan for iPhone』2300円を31日まで無償提供 電波が使えなくても閲覧可能

MapFan

インクリメントPは地図ソフトの『MapFan for iPhone』を無償提供すると発表。このアプリは通常2300円で提供されているものだが、災害時における通信不通の際に、帰宅支援および地図確認など役に立てて欲しいとのことで無償提供を開始した。無償提供期間は3月31日までとされている。

このアプリは地図データーが全てiPhone(iPod Touch)内に内蔵されており通信出来ない状態でも地図を確認することができる。アプリのデーター容量は4ギガバイトと多少大きいが、地図の操作は軽快に作られている。

また走行モードによりカーナビにもなるこの『MapFan for iPhone』。電波が使えなくても地図が見ることができるという便利アプリ。災害時に備えて今の内にダウンロードしておくと良いかも。
ダウンロードはAppStoreから可能。

MapFan for iPhone

■関連記事
アイレムのエイプリルフールはやはり中止に 毎年の恒例行事が……
東京電力がツイッターで計画停電情報を提供 もっと伝えなくてはいけないことがあるのでは?
IAEAが定める評価尺度で「レベル6相当」との見解 その“レベル”の意味とチェルノブイリを振り返る
全く寝てない枝野官房長官の寝顔コラが世界に配信される! “#edano_nero”というハッシュタグも
地震の影響で発売中止になった『絶体絶命都市4』 今年のエイプリルフール「未定です……」

ソルの記事一覧をみる

記者:

  ネタのタレコミや情報提供は下記ウェブサイトからお願いします

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会