体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

“通話できるコンデジ” ドコモの携帯電話『L-03C』製品レビュー

“通話できるコンデジ” ドコモの携帯電話『L-03C』製品レビュー

NTTドコモが携帯電話の冬春モデルとして発売した『L-03C』。LGエレクトロニクス製で、見た目はほとんどコンパクトデジタルカメラ(コンデジ)なのに通話と『iモード』ができる携帯電話です。フルキーボード携帯『N-08B』などユニークなハイスペック端末がそろう『docomo PRO series』にラインアップされています。スマートフォン全盛の昨今、あえて携帯電話として独自のカラーを打ち出した同製品をお借りしてレビューしてみました。

※記事のすべての写真が表示されない場合はこちらをご覧ください

・見た目はコンデジそのもの

見た目はコンデジそのもの

外観は薄型のコンデジそのもの。横向きにして立てると、携帯電話には見えません。

飛び出すレンズが印象的

光学3倍ズームの飛び出すレンズを搭載し、デジタル4倍と合わせて最大12倍のズーム撮影が可能。オートでの撮影距離は広角時で約0.5m~∞、望遠時で約0.6m~∞、マクロ撮影では広角時で約0.1~0.8m、望遠時で約0.4~0.8mとなっています。

ズームホイールと一体化したシャッターボタン カメラのように構えて撮影

側面にはズームホイールと一体化したシャッターボタンがあり、コンデジ同様の操作が可能。

タッチパネルだけでも撮影可能

ズームやシャッターは、タッチパネルで操作することもできます。

・縦なら電話 横ならカメラのUI

電話モードの縦画面

携帯電話として使う通常時は本体を縦に持ち、タッチパネル式携帯電話として利用します。画面には縦方向で文字やアイコンを表示。

カメラモードの横画面

側面のカメラボタンを押すとレンズが飛び出し、カメラモードに切り替わります。このとき、画面の文字やアイコンは横方向に表示。

縦画面ではボタンの横にプリントされたアイコンの機能を利用

画面だけでなく、本体ボタンも携帯電話とカメラでユーザーインタフェース(UI)が異なります。縦方向で持つと、ボタン横にプリントされたアイコンで通話や終話、マルチタスクの機能が割り当てられていることが分かるデザイン。

横方向ではボタンにプリントされたアイコンの機能を利用

横方向で持つと、ボタン内にプリントされたアイコンで機能を終了するホーム、静止画と動画のカメラ切り替え、再生、ゴミ箱の機能が割り当てられていることが分かります。

・スマートフォン的『iモード』携帯

通話アプリ 『iモード』が利用可能

タッチパネル操作が中心となるため、画面のUIはスマートフォンに近いものとなっています。通話は通話アプリ、『iモード』は『iモード』ブラウザのアプリを起動するイメージ。

1 2次のページ
shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。