体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

KDDIがAndroid 2.2スマートフォン『htc EVO WiMAX ISW11HT』とAndroid 3.0タブレット『MOTOROLA XOOM Wi-Fi TBi11M』を発表

KDDIがAndroid 2.2スマートフォン『htc EVO WiMAX ISW11HT』とAndroid 3.0タブレット『MOTOROLA XOOM Wi-Fi TBi11M』を発表

KDDIは4月上旬以降に発売するauの新製品として、Android 2.2スマートフォン『htc EVO WiMAX ISW11HT』とAndroid 3.0タブレット『MOTOROLA XOOM Wi-Fi TBi11M』を発表。新製品の発表会を開催しました。同社によれば「“超!”速いスマートフォン」と「“超!”注目度No.1タブレット」という位置づけとなる、ハイエンドなグローバルモデルの端末。『htc EVO WiMAX ISW11HT』ではWiMAXによる高速通信と、スマートフォンをWi-Fiルータとして使えるテザリング機能、『MOTOROLA XOOM Wi-Fi TBi11M』では今年1月に米国で発表された最新製品の日本市場へのスピード投入が今回の発表の目玉となっています。

※記事の写真がすべて表示されない場合はこちらをご覧ください

・WiMAXとテザリングが利用できる『htc EVO WiMAX ISW11HT』

『htc EVO WiMAX ISW11HT』を発表

『htc EVO WiMAX ISW11HT』は、台湾HTC社製のAndroidスマートフォン。約4.3インチ、800×480ドットのディスプレーを搭載し、インカメラも搭載します。OSはAndroid 2.2で、『Flash Player 10.1』に対応し、パソコン同様にFlashコンテンツを利用可能。新規契約でキャンペーンなどの割り引きを適用し、実質3万円台前半の価格になる見込み。

WiMAXで高速通信を実現

下り最大40Mbps、上り最大10MbpsのWiMAX通信機能を搭載します。料金は従来のスマートフォン向け料金プランとパケット定額プランを利用でき、WiMAX利用月のみ『+WiMAX』月額利用料として525円(税込み)がかかる料金体系。販売開始から2011年8月までは『+WiMAX』月額利用料を無料にするキャンペーンを実施します。

テザリング解禁

テザリング機能では、パソコンや携帯ゲーム機、タブレットといったWi-Fi対応端末を最大8台まで接続可能。スマートフォンで契約するプロバイダである『IS NET』または『au.NET』で利用できるので、テザリングの使用で別途契約や料金はかかりません。WiMAX接続の場合、接続制限もかからないとのこと。

『Desire HD』とほぼ同サイズ カメラのレンズ周りのデザインが『Desire HD』とは異なる スタンドが付属

タッチ&トライコーナーで実機を触ってみました。『Desire HD』と外観的に大きく変わるところはありませんが、インカメラが搭載され、動画などを見る際、本体を立てて使えるスタンドが付属しているのが特徴です。

1 2 3次のページ
shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会