ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

無料&即日発行! 新宿『taspo(タスポ)サービスセンター』に行ってきた!

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

2008年3月から順次導入され、自動販売機でタバコを購入する際には必須となりつつある『taspo(タスポ)』。しかし郵送による『タスポ』の登録手続きが面倒なこと、またコンビニエンスストアで簡単に購入出来る事も手伝って記者は『タスポ』を持つには至っておりませんでした。ところが新宿に『タスポサービスセンター』なるモノがあり、そこでは作成無料・即日発行であると聞くに及び、早速行って参りました。

タスポサービスセンター正面

場所は新宿駅南口から徒歩3分。新宿ルミネ1の斜め向かいにあります。新宿駅前ということもあり、記者は何度も前を通りかかっていたはずなのですが、パッと見た限りでは、某銀行の看板のようにも見えるため、気が付いておりませんでした。それでは早速、『タスポ』の申請を行ってみましょう。早速入ると親切にも、待ち時間や発行までの時間が掲示されておりました。

申し込み10分。カード発行まで40分。


手続きの流れ

まずは入口で簡単なヒアリングを受けます。内容は身分証明書(免許証・パスポート等ですね)を所持しているか、また過去に『タスポ』の申請を行った事がないかの確認でした。なんでも現在『タスポサービスセンター』の手続き対象は新規申請者のみとの事でそうでない方は残念ながら対象外(再発行手続きのサービスは2009年6月より開始予定です)。このヒアリングの結果、特に問題がなければ写真撮影へと進みます。

富士フィルム インスタントミニ

写真撮影には『チェキ』が利用されておりました。ところで『タスポ』の写真ですが、本人確認に支障をきたさなければ、特に規定はありません。そこで記者は引きつった笑顔で写真撮影に望んでみました。結果、何の注意もされる事なく撮影は終了してしまいました。非常に微妙な笑顔の写真が完成です(正直、撮り直したい……、が自業自得です)。なお、本当に写真が気に入らない場合には、撮り直しには応じて頂けますよ。

書類の記入はこちら

続いて撮影ブースの横にあるテーブルにて必要書類に記入を行います。コピー機も設置されていますので、そちらで証明書をコピーし、先ほど撮影した写真と併せて貼り付けます。この書類ですが、郵送での手続きと全く同じ内容です。

2階受付

書類の記入が終わりますと2階へ上がり、書類の提出となります。カウンターは2つありますが、口頭での説明が行われるため、場合によっては少々待つ事になります。平日の日中に行った今回の場合、写真撮影から提出が終わるまでの所要時間は10分程度。それほど長くはかかりません。ただし、提出が済んでも発行までには最低30分はかかりますので、受付票(『タスポ』の引換券)を貰ってからは少々時間を潰す必要があります。もっとも新宿駅から近く、暇を潰す場所には事欠かないロケーション。映画を見るも良し、買い物に行くも良し、忘れたい過去から逃げ出すかのように全力疾走するも良し、好きなように時間を活用して下さい。

受付番号

近くの喫茶店で時間を潰すこと30分。それでは受け取りに参りましょう。入口には現在発行可能な受付番号が表示されていますので念のため確認をし、問題がなければ直接2階へと向かいます。『タスポ』の受け取りカウンターは1つで、混み具合によっては、ここでも少々待つ事になります。受付票を提出し身分証での最終確認の後、簡単なレクチャーを受けて無事発行完了です。ちなみに、こちらで働くスタッフさん達は、その方の言葉をそのまま引用すると「JT(日本たばこ産業)さんより特別な教育を受けた人間」とのことで社員の方ではないそうです。どのような教育を受けたのか気にはなりましたが、それ以上は教えてもらえませんでした。また、登録した個人情報の有効活用(お知らせの送付)やタバコ以外での『タスポ』の利用、ポイントサービスのような事も当分は考えていないそうです。『タスポ』では現金のチャージも可能なのに、ちょっともったいない気もしますね。

微妙な笑顔が本当に微妙。

作ったからには使ってみたくなるのが人間の本能。いくつになっても知的好奇心を忘れてはいけません。早速、自宅近所にある自動販売機で利用してみました。恐る恐るカードを載せてみると……、無事に認証!早速購入してみたいと……おや?

顔認証システムが導入された自動販売機

こちらの自動販売機コーナーには複数台のタバコの自動販売機があるのですが、隣には、普及が進んでおらず誤認識でも話題の顔認証システム対応自動販売機があるじゃないですか!この自動販売機は内臓されているカメラにより購入者の顔を識別し、成年/未成年のチェックをしてくれる素敵な販売機です。記者がこの自動販売機は見るのは今回が始めて、もちろんこちらも未経験。見つけたからには使ってみたくなるのが人間の本能。いくつになっても知的好奇心を忘れてはいけません。早速利用してみましょう。

顔認証用カメラ近景


『お金を入れて 商品をお選びください』

カメラに顔を近づけてみると……、無事認証されました!早速購入してみましたが、うーん、非常に簡単で便利です。なにやら当初の目的から、ずれている気もしなくもありませんが、さにあらず。要は自動販売機でタバコを購入できれば良かった訳ですからね!財布の中から「ボクを使って!」と微妙な笑顔で訴える『タスポ』記載の自分の写真に若干心を痛めもしましたが、要件は済みましたのでさっさと撤収しましょう。

タバコはおいしゅうございます。

紆余曲折を経て吸うタバコは大変美味しゅうございます。郵送での手続きには時間も費用もかかるため、なかなか作る気になれない『タスポ』。その煩わしさを解消してくれる『タスポサービスセンター』は非常に便利な存在です。残念ながら今回は使用致しませんでしたが、『タスポ』は持っていれば便利なのは間違いありません。そんな『タスポ』と『タスポサービスセンター』。是非、休日にでも寄って作成してみてはいかがでしょうか(このニュースの元記事はこちら)。
 

■ガジェット通信では、以下のようなニュースも配信しています
【今日の超グッズ】USB式の無害の電子タバコを吸ってみる
【ガジェット博物館 vol.1】カメラは小さな『部屋』から始まった:日本カメラ博物館
自動販売機のボタンに隠しコマンド! 120円でジュースを2本取り出せる?
進化を拒むトイカメラ『VQ1015』

ひげおやじの記事一覧をみる ▶

記者:

インターネットの賑わっているところに大概参加をしながら約20年。 ここ最近はニコニコなどの動画サイトを根城にしつつ、何だかよく分からない生活を送る。 生放送においては過去に、日本全国を生放送をしつつ巡ったり、ヨハネスブルグ、ジンバブエ、カザフスタンなど「そもそも回線は大丈夫なの?」といった場所から生放送を行ったことも。 しかし、一番好きな場所は『自分の部屋』とのたまう、自称「世界で一番忙しいニート」・「世界で一番仕事をしない自宅警備員」。

ウェブサイト: http://com.nicovideo.jp/community/co7201

TwitterID: higeoyaji

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。