体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

無料&即日発行! 新宿『taspo(タスポ)サービスセンター』に行ってきた!

2008年3月から順次導入され、自動販売機でタバコを購入する際には必須となりつつある『taspo(タスポ)』。しかし郵送による『タスポ』の登録手続きが面倒なこと、またコンビニエンスストアで簡単に購入出来る事も手伝って記者は『タスポ』を持つには至っておりませんでした。ところが新宿に『タスポサービスセンター』なるモノがあり、そこでは作成無料・即日発行であると聞くに及び、早速行って参りました。

タスポサービスセンター正面

場所は新宿駅南口から徒歩3分。新宿ルミネ1の斜め向かいにあります。新宿駅前ということもあり、記者は何度も前を通りかかっていたはずなのですが、パッと見た限りでは、某銀行の看板のようにも見えるため、気が付いておりませんでした。それでは早速、『タスポ』の申請を行ってみましょう。早速入ると親切にも、待ち時間や発行までの時間が掲示されておりました。

申し込み10分。カード発行まで40分。


手続きの流れ

まずは入口で簡単なヒアリングを受けます。内容は身分証明書(免許証・パスポート等ですね)を所持しているか、また過去に『タスポ』の申請を行った事がないかの確認でした。なんでも現在『タスポサービスセンター』の手続き対象は新規申請者のみとの事でそうでない方は残念ながら対象外(再発行手続きのサービスは2009年6月より開始予定です)。このヒアリングの結果、特に問題がなければ写真撮影へと進みます。

富士フィルム インスタントミニ

写真撮影には『チェキ』が利用されておりました。ところで『タスポ』の写真ですが、本人確認に支障をきたさなければ、特に規定はありません。そこで記者は引きつった笑顔で写真撮影に望んでみました。結果、何の注意もされる事なく撮影は終了してしまいました。非常に微妙な笑顔の写真が完成です(正直、撮り直したい……、が自業自得です)。なお、本当に写真が気に入らない場合には、撮り直しには応じて頂けますよ。

書類の記入はこちら

1 2 3次のページ
ひげおやじの記事一覧をみる

記者:

インターネットの賑わっているところに大概参加をしながら約20年。 ここ最近はニコニコなどの動画サイトを根城にしつつ、何だかよく分からない生活を送る。 生放送においては過去に、日本全国を生放送をしつつ巡ったり、ヨハネスブルグ、ジンバブエ、カザフスタンなど「そもそも回線は大丈夫なの?」といった場所から生放送を行ったことも。 しかし、一番好きな場所は『自分の部屋』とのたまう、自称「世界で一番忙しいニート」・「世界で一番仕事をしない自宅警備員」。

ウェブサイト: http://com.nicovideo.jp/community/co7201

TwitterID: higeoyaji

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。