ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【ガジェット博物館 vol.1】カメラは小さな『部屋』から始まった:日本カメラ博物館

収蔵点数1万カメラ以上!

ガジェットの歴史がわかる&しくみが見える、そんな博物館に行ってみようという企画連載シリーズ「ガジェット博物館」の第一回は、カメラの歴史がまるごとわかる『日本カメラ博物館』におじゃましました。

半蔵門の駅からすぐのこの博物館には、世界で最初に市販された『ジルー・ダゲレオタイプ・カメラ』や、日本の歴史的カメラ、世界中の珍しいカメラなど1万点以上が収蔵されています。写真やカメラを展示する博物館は他にもありますが、これほどの数と種類のカメラを収蔵している博物館は、日本ではここだけだそう。

「年配の男性が、じっくりと時間をかけて見ていかれることが多いですね」と学芸員の山本一夫さん。「でも、デジカメが普及したことにより、写真を撮るのが好きになって、フィルムカメラを使い始める若い人も増えているんですよ」とのこと。

ところで、カメラのはじまりって「壁に穴をあけただけの暗い部屋」だったって知っていました? 紀元前には発明されていたという、カメラの原型を解説したパネルのあたりから、ご案内したいと思います。

撮影:エルモ

■カメラは小さな部屋から生まれた

暗い部屋で外の景色を眺める

カメラはそもそも小さな「部屋」から始まりました。暗くした四角い部屋の壁に穴をあけ、この穴を通して入った光が反対側の壁に、外の景色を映すというもので、『カメラ・オブスキュラ(camera obscura)』と呼ばれていました。ラテン語で、「カメラ」が「部屋」、「オブスキュラ」が「暗い」という意味だそう。今でいう、ピンホールカメラと同じような原理だったそうです。

昔は、この原理を使った箱を、画家さんが絵を描くのに使っていた時代もありましたが、「この映像をそのまま紙に焼き付けられないか」と考える人が現われて、写真技術が発展してできたのが今のカメラ、というわけなのです。複雑そうに見える機械も、はじまりはとてもシンプルなしくみなんですね。

■世界で最初のカメラ

入れ子になった箱でピント調節!


そして世界で最初につくられたカメラがこちら。『ジルー・ダゲレオタイプ・カメラ』です。日本カメラ博物館には、ジルー氏と同じ通りに仕事場を持っていたというビアンキ氏の『ビアンキ・ダゲレオタイプ・カメラ』もあります。ダゲレオタイプでは、入れ子になった箱を前後させて、ピントを調節していたそう。ジルー氏も、ビアンキ氏も、今のオートフォーカスカメラなんか見たら、腰が抜けるほど驚くでしょうね。

家具みたいな風情

この頃のカメラは木製で、まるで家具のような趣です。日本カメラ博物館には、1839年に、このダゲレオタイプ・カメラで撮影された写真パネルも展示されていました。露光時間はなんと約10分以上。何千分の1秒でシャッターが切れるようになった、現代のカメラからは考えられない超スローシャッターです。写真というよりは、なんとなくエッチングみたいな風合いですが、目の前の風景がカメラを通じて写し取られたのを見た当時の人たちは、どんな気持ちがしたでしょうか。古いものを見ていると、今現在あたりまえのように使っているものが、なんだかすごいモノに見えてきます。

■カメラを斬る!脱がせる!

きれいに切られています

一眼レフカメラをまっぷたつに切った『カットモデル』です。手前から、レンズ、絞り、そして一番奥にフィルムがあります。百聞は一見にしかず、カメラ内部のしくみがよおーくわかります。このカットモデル、真ん中でピタリとあうように、二つのカメラを切って作られるそうです。「切るとどうしても削れてしまうところがあるので、二つ使わないとピタリと合うものにならないんですよ」と、山本さんに説明されて納得。でも、高価なカメラを切るなんて、もったいない気もしますね。

まっぱだかのカメラ

同じコーナーには、内部の部品が見えるように透明の樹脂で筐体を作った『スケルトンモデル』もあります。カットモデルを見ていると「カメラって意外とシンプルかも」と思えたのですが、スケルトンモデルで複雑な配線がされた内部を見ると、やはり機械的で複雑な印象を受けました。カメラって、「身近なようで手が届かない存在」。きっとそこが、ツンデレ的にいいんですよね(ちょっと違うか……)。

1 2次のページ
Kyoko Sugimotoの記事一覧をみる

記者:

京都在住の編集・ライター。ガジェット通信では、GoogleとSNS、新製品などを担当していましたが、今は「書店・ブックカフェが選ぶ一冊」京都編を取材執筆中。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。