ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 【今週公開のコワイ映画】2016/12/4号:アダム・ウィンガード監督最新作『ブレア・ウィッチ』
  • 映画『ぼくのおじさん』戸次重幸インタビュー「ストレートに良い人を演じるのは難しい」
  • 【独占記事】エリザベス・バンクス、映画『ピッチ・パーフェクト』第3弾の監督を降板
  • イーサン・ホーク、リュック・ベッソン監督の新作映画『Valerian(原題)』に出演
  • 若手最注目俳優・岡山天音インタビュー「最近“キュン”としたのはもぐらの話」
  • 【ガジェ通日誌】「今年のナンバーワン映画・俺ひとりで決定戦」優勝は『セッション』
  • 『TOO YOUNG TO DIE!若くして死ぬ』片桐仁が手掛ける鬼Phone・鬼ギター! ”地獄グッズ”に注目
  • 『スター・ウォーズ』シリーズ主要キャスト、現在の活躍を紹介(前編)
  • お前ら『君の名は。』と『シン・ゴジラ』大好きだなッ! Filmarksが『映画流行語大賞』を発表
  • あの『超映画批評』が『マッドマックス 怒りのデス・ロード』に95点
  • 『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』の興行収入と他アニメ作品との比較
  • 大ヒット中の『オリエント急行殺人事件』通称“オリ急”を“シベ超”ファンが鑑賞した結果「完全に一致」
  • お疲れ女子必見! 台湾の空と風が心を癒すサイクリング・ロードムービー『南風』
  • 『聖闘士星矢 Legend of Sanctuary』の中国興収が日本の記録を超える
  • ひと昔話題になった『VIP先生』動画がHDリマスターされた! 綺麗過ぎる
  • 『バクマン。』実写映画の大根仁監督 キャストが逆の指摘に「公開したら確かめてくださいね」

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

一家に一台のアイドル!? 未来の手のひらサイズのロボットドール『iDoll』がデビュー曲MVを公開

DSC00455

博報堂のプロダクトイノベーションプロジェクト“monom(モノム)”とユカイ工学は、2社の共同開発によって生まれたロボットドール『iDoll(あいどーる)』のプロトタイプを発表。『iDoll』の魅力を伝えるべく誕生した“新しい”アイドルユニット『あい☆どーるず』が3月13日に発売するデビュー曲MVを公開しました。

※全ての画像が表示されない場合は下記URLからご覧ください。
https://getnews.jp/archives/860170

『iDoll』とは?

iDoll

身長15センチのロボットドールで、全部で10個の間接で動くいたり、スピーカーから話したり、歌ったりすることができます。外見や動き、声などは自分でプログラミングすることが可能です。今後、『iDoll』の動きを組み込むことができるソフト『iDoll EDIT(アイドールエディット)』や、コミュニティサイト『iDoll CIRCLE(アイドールサークル)』の開発も構想中だそう。

iDoll 動作紹介(YouTube)
https://youtu.be/spk9UnA7_00

『iDoll』は3月14日から18日までアメリカテキサス州にて開催される『SXSW(サウスバイサウスウエスト)』に出展するそう。『サウスバイサウスウエスト』は、今や誰もが使っている『Twitter』も出展し、注目を浴びたという、世界的に有名なトレードショー。もしかしたら数年後には世界中で『iDoll』が各家庭や店頭で当たり前のように使われているかもしれませんね。

DSC00466

『あい☆どーるず』とは?

iDoll03

『あい☆どーるず』はイギリス人と日本人のハーフ“ヒカリ”と運動大好き少女の“ミキ”による『iDoll』専用ユニット。また、2人の声やデザイン、楽曲を担当した豪華メンバーどうしのコラボレーションも注目。今回、お話しを聞く機会を頂きました!

キャラクターデザイン:TNSK(イラストレーター、漫画家)
声:ななひら、桃箱(声優、ボーカリスト)
楽曲プロデュース:キャプテンミライ(ボカロP)
振付:ANDY(ダンサー、振り付け師)

【MV】あい☆どーるず『お先にフューチャー』(YouTube)
https://youtu.be/axVKRjJmAyg

iDoll04

――「今回のプロジェクトにあたってこだわった点はありますか?」
TNSK:「設定が決まっていたので、基本的にそれに沿ってデザインしました。最初は3人いたんですけど、2人になって……」

キャプテンミライ:「脱退なんて、紆余曲折あったんでしょうね(笑)」

TNSK:「見えている関節も含めデザインしたのもポイントです」

キャプテンミライ:「音楽は、ダンスしやすいリズム感で。ロボットなので、これから、めちゃくちゃ早い曲に挑戦したり、ドラマ仕立てのMVなど、可能性が広がりそうですよね」

ANDY:「ダンスは、可動範囲が限られていたので、僕が『iDoll』になりきることから始まりました」

横山さん(monom):「最初の案だと、ロボットが全く動かなくなってしまったのですよね」

ANDY:「10時間くらい、作業してましたね。あとは、その中でどうやったら2人が可愛く見えるかも考えました」

小野さん:「今、明日にも家に入れたいロボット。また自分の好きなキャラにして動かすことができるので、たくさんの人に楽しんでもらいたい。また、空を飛ぶ以外の全ての動作はできるようにしたいです」

iDOll概要

プロダクト名称:iDoll(アイドール)
プロジェクトサイト:http://idoll.tokyo[リンク]
企画・開発 :monom(モノム)、ユカイ工学
協力 :Kʼs Dessign Lab. 、葵プロモーション、ガリガリ編集部、博報堂アイ・スタジオ

動画
mochimiの記事一覧をみる

記者:

ディズニーツムツム大好き!

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。