体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

リピーターになりたくなる!内田洋行の見せるオフィスリノベーション

内田洋行

100年の歴史をもつ会社のオフィスがリノベーションされたということで、内田洋行さんのオフィスにおじゃましました。こちらは「また来たい」なんだかそんな気持ちになる、そして「一緒に仕事をしてみたい」そう思わせる会社でした。

コンピュータや情報をいつでもどこでもだれでも自由に(テクノロジーを)あまり意識しないで使えるトータル環境『ユビキタス・プレイス』を、お客さんサイドに立って、インタフェースを改善し、実際に使いやすいものにして提供する、そんなコーポレートビジョンをイメージだけでなく実践しているオフィスでした。

階段の手すりには様々な産地の12種類の杉が使われています。

内田洋行

オフィスの壁や階段のエントランスには絵が描かれています。

内田洋行

階段のエントランスには、それぞれ違う絵が。

内田洋行

なんだかかわいくて楽しい気持ちになりますね。

内田洋行

こちらのビルでは、全館LED照明の導入を進めています。LED照明、照明の管理システムともに自社開発。半導体の提供などの面でサムソンと提携をしているとのこと。

LED照明は色や取り付け方も自在に細かく変えることができます。実際に各部屋の様々な照明を見させていただきましかい設定をすれば50~60%削減できるそうです。

想像していたよりもずっと柔らかい色合いの光、バリエーションも豊富でした。

内田洋行

蛍光灯のような白色の光に設定をすることも可能です。

内田洋行

光の色調を暖かめにすることもできます。色調が変わるだけで、部屋の雰囲気もぐっと変化します。

内田洋行

レールに設置され簡単に移動可能な照明。操作性を上げ、アクセスしやすく、拡張性を持たせるというのが大切なポイント。

内田洋行

打ち合わせスペースはセンサによって、人がいなくなると自動的に照明が消えるようになっています。照明の色や明るさも細かく変化させることができます。

内田洋行

オフィスはオープンスペースとセキュリティスペースに分かれ、無線LANが各所で使えるようになっていました。監視カメラを設置したほか、情報を暗号化したり、アクセスログを記録するなど情報のセキュリティをしっかりさせることによって、自由な場所を作り出しています。

内田洋行というとオフィス家具という印象が強いのですが、システム開発も昔から手がけており、自社で開発できるということで、こういったスペースもこの会社の技術がしっかり組み込まれています。

内田洋行

セキュリティというと閉め切られていたり、冷たくて硬いイメージですが、フロアの各所に緑や自然素材をたくさん使われ、やわらかく落ち着いた雰囲気が保たれています。

今回、ほぼすべてのフロアを案内していただいたのですが、まるでオフィス全体がショールームのよう。どのフロアにも会社が取り扱っているシステムがあり、実際に見せることができる商材がありました。実物を見せることによって、パートナーや顧客から新しいアイデアがでてくるそう。

様々な資料を等身大で投影が可能なBI(ビジネス・インテリジェンスルーム)ルーム。巨大な『iPad』みたいですね。これだけ大きいと圧巻。プレゼン、会議などで使用されるそうです。

内田洋行
1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。