ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 『アントマン&ワスプ』エヴァンジェリン・リリーインタビュー「7歳の息子がワスプになりきっているのをこっそり見てしまったの!」
  • 撮影現場は天国だった!?映画『恋のしずく』小野塚勇人インタビュー 大杉漣との思い出や“ライダーあるある”も
  • 『スーサイド・スクワッド』のダイバーシティを担う二人に直撃 「人間関係を構築するのに必要なこと教えよう」
  • 『ジュマンジ』でタフな美女戦士を熱演! カレン・ギランの好きなゲームは「メガドライブ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』」
  • 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でカイロ・レンはどうなっちゃうの? アダム・ドライヴァーを直撃!
  • 大泉洋『探偵はBARにいる』シリーズへの愛を語る「“好きなんだけど映画館には行かない”だと続かない」
  • キアヌ・リーヴスに“仕事の流儀”を聞いてきた! 『ジョン・ウィック:チャプター2』が本日公開
  • 『マイティ・ソー バトルロイヤル』女戦士・ヴァルキリーを熱演! 声優・沢城みゆき「ロキ様ファンの方お友達になってください!」
  • 戸次重幸が「理解出来ないほどの悪い役」に挑む実話をベースにした物語『神と人との間』
  • 『斉木楠雄のΨ難』インタビュー 佐藤二朗「橋本環奈が高校にいたら可愛すぎて男子は正気を保てないでしょ」
  • 北野武からの出演オファーに「役者やってて良かった」 『アウトレイジ 最終章』池内博之インタビュー
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』のバトーさんを直撃! 原作愛がハンパなくて『イノセンス』制作を懇願するレベル
  • CMのオファーが欲しい!本郷奏多の中のエンヴィー<嫉妬>炸裂!? 映画『鋼の錬金術師』撮り下ろしインタビュー
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー
  • 仲良し全開のフラッシュ&サイボーグを直撃! 自分がバットマンだったらスカウトしたいキャラは?
  • 『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』で大大活躍中! チューバッカさん直撃インタビュー:動画  

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

「目覚ましでも朝起きれない」そんな人に朗報! 誰でも起きることができる目覚まし時計

誰でも起きることができる目覚まし時計

目覚まし時計をセットしても(スヌーズ機能を使っても)知らぬ間に二度寝してしまう。どうしても起きれない。そんな皆さんに朗報をお伝えしたい。必ず起きれるユニークな目覚まし時計をご紹介!

本来、目覚まし時計は大きな音によって人の目を覚まさせるのだが、今から紹介する動画で紹介されている目覚まし時計は、ベッドそのものがピョンピョン跳ね、寝ている人を起こすという仕組みなのである。これならさすがに目が覚めるだろう。まるで早朝寝起きドッキリのような仕掛けの目覚まし時計。

とはいえ、このような大がかりな目覚まし時計でも慣れてしまえばそのまま寝ている可能性もあるかも。実際記者は目覚まし時計を2個使っているが起きれない日もあるとかないとか。

最近では朝快適に起きれるように『レム睡眠時計』なるものが売られている。起きる時間の数十分前の一番目覚めの良い時間を探して起こしてくれるとか。そこそこ高価なので手が出ないという人は『iPhone』のアプリに『Sleep Cycle alarm clock』という似たようなのがあるのでそちらを使ってみてはいかが? 記者もそれを使っているが快適に起きることができる。

上記の様な派手な早朝目覚ましパフォーマンスは不要ということだ。 腹筋は鍛えられそうだが。

誰でも起きることができる目覚まし時計の動画(YouTube)

■最近の注目記事
懐かしの『ファミリーベーシック』でWindowsが起動した!
ビックカメラが『クソゲー・オブ・ザ・イヤー』特設サイトをオープン!
火の用心のポスターにあの兄貴ビリー・ヘリントンが!
『Bad Apple!!』影絵アニメーションを囲碁で再現した凄い動画! 謎の努力か?
『ラブプラス』バレンタイン企画のARカードとポッキーが早くもヤフオクに出品される!

ソルの記事一覧をみる

記者:

  ネタのタレコミや情報提供は下記ウェブサイトからお願いします

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき