ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ビックカメラが『クソゲー・オブ・ザ・イヤー』特設サイトをオープン!

ビックカメラ『クソゲー・オブ・ザ・イヤー』コーナー

大手量販店『ビックカメラ』のウェブサイトが『クソゲー・オブ・ザ・イヤー』の特設サイトをオープンした。2009年にクソゲー大賞を取ったゲームソフト『戦極姫』や、その他エントリーされた作品がズラーっと並べられているほか、2008年のクソゲー大賞作品『メジャーWii』なども並べられている。

『クソゲー・オブ・ザ・イヤー』は、『2ちゃんねる』の家庭用ゲーム板にて毎年行われている、その年のクソゲー(つまらないゲーム)を決める恒例行事だ。2004年から行われており2009年まで数々のクソゲーが選出。そして大賞に輝いてきている。それと同時にクリエイターにとっては鬼門といえる存在だ。そんな『2ちゃんねる』発の『クソゲー・オブ・ザ・イヤー』がビックカメラにで特設サイトまで作られるとは権威もあがってきたものだ。

そもそも“クソゲー”という言葉は『ファミコン通信(現、週刊ファミ通)』にて生み出された言葉。雑誌内にて使われるようになったのがいつの間にか浸透してゲームユーザーの間で当たり前に使われるようになった。『ファミ通』でも過去にクソゲーを決める企画を行ったことがあるようだが、現在はそのようなことは行っておらずゲームメーカーに配慮しているようだ。

今回ビックカメラの『クソゲー・オブ・ザ・イヤー』特設サイトにて販売されているのはワゴン価格かと思いきや、定価に近い価格で販売されており「怖い物見たさ」程度で買えるものではない。1980円や980円なら購入を考えても良いのだが、『クソゲー・オブ・ザ・イヤー』コーナーを作るのなら投げ売り価格で販売してほしかったものだ。

今回の大手量販店の大冒険企画が切っ掛けに他店でも同じようなことをやるかもしれないぞ。

ク●ゲー オブザイヤー【ビックカメラ.com】

追記
2月13日、22時30分頃、該当ページは削除された模様。

■最近の注目記事
コマンドプロンプトで作られた影絵アニメーションが凄い!
『ラブプラス』バレンタイン企画のARカードとポッキーが早くもヤフオクに出品される!
『ラブプラス』バレンタインデー企画! 新宿でチョコレート配布
ガジェット通信の『キットカット』が来たぞ!
ゲーム業界氷河期突入! 4月まで給料出ないゲーム開発会社も

ソルの記事一覧をみる

記者:

  ネタのタレコミや情報提供は下記ウェブサイトからお願いします

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy