体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

48時間以内に『オプーナ』を移植する『むりげー』第6回!作品発表イベント『超むりげー』も開催

cho_murigee_image3

お題の発表から48時間で名作ゲームを“無理やり”Flashに移植するプロジェクト『むりげー』の第6回が開催されました。今回のお題は『2ちゃんねる』やアスキーアート(AA)で絶大な人気を誇るコーエーの『オプーナ』。今回はお題の発表が『ニコニコ生放送』と連動したり、締め切りとなる2月7日に作品発表のライブイベントを開催するなど、新しい試みが盛りだくさんのイベントとなりました。

・『ニコ生』でお題決定!?

murige6_2

2月5日の20時30分から、前回の最優秀賞とお題の発表が行われる企画会議が開催されました。この模様は『ニコニコ生放送』の番組『ガジェ通生放送:48時間で名作ゲームを移植する『むりげー』公開企画会議!』で放送。『むりげー』ルールにより、前回のお題を決定した太郎氏が、第4回の最優秀賞として『BABARAGEO』のババラ氏を選出しました。

murige6_3

ルールでは最優秀賞の受賞者が次のお題を発表するのですが、ここでババラ氏はお題発表のムービーを公開。「MAG」の文字が表示され、ソニー・コンピュータエンタテインメントの『Massive Action Game(MAG)』になるのかと思いきや、最終的には「Mendou dakara Antara ga comment de Game kimete yo!!(面倒だから あんたらがコメントで ゲームきめてよ!)」の表示が。お題を『ニコニコ生放送』の視聴者に丸投げするという異例の事態に発展しました。

ちょうど放送の時間帯には、日本テレビで映画『崖の上のポニョ』が放映中。コメントでも「ポニョ」を押す声が圧倒的になりましたが、ゲーム名に絞ってピックアップした『最後の忍道』『トルネコの大冒険』『オプーナ』『マイケル・ジャクソンズ・ムーンウォーカー』の4候補からアンケートにより、『オプーナ』に決定しました。48時間後の2月7日21時までに、参加クリエーターが『オプーナ』の移植に挑みます。

・ライブイベント『超むりげー』で作品発表

murige6_4

迎える締め切り日の2月7日19時30分から、東京・阿佐ヶ谷のASAGAYA LOFT Aで、ライブイベント『超むりげー@ASAGAYA LOFT A』が開催されました。第6回の作品をクリエーターと観客で一緒に楽しもうという趣旨のこのイベントは、『ニコニコ生放送』の番組『ガジェ通生放送:48時間で名作ゲームを移植するイベント『超むりげー@ASAGAYA LOFT A』会場生中継!』でも放送。観客の笑い声と『ニコニコ生放送』のコメントが熱を生み、活気あるイベントとなりました。

murige6_5

当日はゲストとしてゲームクリエーターの米光一成氏、飯田和敏氏、コラムニストのブルボン小林氏が出演。参加クリエーターの作品への鋭いツッコミで場内を沸かせました。第3回のお題が『ディシプリン*帝国の誕生』に決まった裏話を飯田氏が披露する一幕も。休憩時間やイベント終了後に、ゲーム業界で活躍するクリエーターとインディーズゲームクリエーターたちが交流を深めている姿が見られました。

イベントは3部構成で、「第1部:こんなに無理だった!むりげーの歴史」で過去のむりげー作品を振り返り、「第2部:60分1本勝負!むりげー制作実況ガチンコ対決!」を挟んで「第3部:第6回むりげー作品発表!」へと進行します。

murige6_6

第2部では『むりげー』を主催するババラ氏と、初期からのメンバーである『NEKOGAMES』の石井克雄氏がイベント時間中、60分でゲームを制作するという離れ業を披露しました。ババラ氏は『スペースインベーダー』を「時間が余った」と余裕を持って完成。石井氏は『ファイナルファイト』を携帯電話で遊べるFlash Lite形式で制作し、会場スクリーンに映したQRコードからその場でプレイできるという演出を見せます。会場の拍手と『ニコニコ生放送』のアンケートから、2者の勝負は石井氏に軍配が上がる結果になりましたが、2名には会場から大きな拍手が送られました。

・36クリエーターの作品が公開
そして迎えた第3部。会場では、その時点で把握できた25人のクリエーターによる作品が続々と披露され、会場も『ニコニコ生放送』のコメントも、大きな盛り上がりを見せました。イベント終了後も作品は増え続け、前回の23人を大幅に上回る36人の作品が公開されています。各作品は、「関連リンク」からリンクするページ経由でご覧いただけます。

『オプーナを求めて』
作者:ババラ(BABARAGEO)
妹に頼まれたゲームを買いに行く主人公。タイトルは何だったのでしょうか?ちゃんとクリア(?)もできるコミック調アドベンチャーゲーム。

murige6_babara
1 2 3 4 5次のページ
shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。