ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【モゲラプロジェクト】Flashゲームクリエーターインタビュー powered by 0stage 第7回:ババラ(前編)

Flashゲームクリエーターへのインタビュー第7弾は、ババラさんのシリーズがスタート。世界的に注目される人気クリエーターが、どのような道をたどってゲームを制作してきたのか。その来歴を語っていただきます。(編集:未来検索ブラジル、インタビュー・写真:0satage 星野健一)

クリエーター:
ババラ
『BABARAGEO』(http://babarageo.com/)で作品を発表するクリエーター。ドット絵をフィーチャーした、レトロゲーム調の作風が特徴。アクションRPGの『ゼノレダ』やシューティングゲーム『ウチューフォース』で注目を集め、2007年に発表したアクションRPG『太くて長いオレの○○○』、2008年に発表した続編『太くて長いオレの○○2』を世界的にヒットさせた。

BABARAGEO
http://babarageo.com/

■個人の活動としてゲームを発表
星野 お仕事のことをお伺いしたいんですけど、ババラさんは仕事と自サイトの展開っていうのは、特に関係はないんですか?

ババラ わりとゲーム業界周辺で仕事していたこともありました。
新卒の就職活動のときにゲーム会社を受けて、最終面接までいったりしたんですけど。
夏場で暑くって行くの嫌になってドタキャンしたり(笑) 。

星野 ウソ(笑)。

ババラ でもまあ、そこではないんですけど、別のゲーム会社の面接はちゃんと行って、就職はしました(笑)。

星野 よかった。

ババラ ただ、ゲーム開発じゃない別会社にまわされて、そこが調子悪くなってつぶれちゃったんですよ。
これでゲーム開発に戻れるかと思ったら、「帰ってきても席ないよ」って感じで放り出されちゃって。

星野 おー、厳しい話ですね。

ババラ それでプラプラしてたら、友だちからゲーム雑誌の編集の紹介があって、そこで半年くらい雑誌つくってました。

星野 どんな雑誌ですか?

ババラ 『バーチャファイター2』で格ゲー(格闘ゲーム)ブームだったころ、アーケード雑誌が雨後の竹の子みたいに発行されてたときの1誌です。
で『バーチャファイター2』の技表を掲載し終わったら、載せるものなくなっちゃったんで。
休刊になったみたいです。

そして、その後3社ぐらい変わって今に至る、と。

星野 結構、波乱万丈な感じがしますね。

ババラ でも最初がマーケティングみたいな仕事だったんで、雑誌以外はずっとマーケティング担当みたいなかたちでやってます。

星野 マーケティング担当なんですか?
プログラマとか技術系ではないんですね。

ババラ マーケティングと広報ですね。

星野 ちょっと意外でした。

ババラ 技術系じゃないんで、スクリプトとか本職の人が見ると「なんじゃこりゃ」って感じだと思いますよ。

BASICからHyper Cardへ
星野
Flashを使う前からゲームは創っていたんですか?

ババラ 創ってましたよ。
私のパソコン遍歴が珍妙なんですけど(笑)。
最初に買ったのがPC-6001だったんですよ。パピコン。
でもベーシックしか覚えなくてマシン語使えなかったんで、パピコンでは大したもの創ってなくて。
その次に買ったのが『AppleII』で。

星野 おおー。

ババラ でもそれは『Wizardry』がやりたくて買ったものなんですけど(笑)。
そのおかげで日本で流行る遥か前から『Wizardry』をプレイしてました。
その後はMac使いになっちゃったんで、プログラム環境的には厳しいところになっちゃって。
それでMacではHyper Cardでゲーム創ってて、そのときに創ったのが『わんわんキャノン』だったんですよ。

星野 『わんわんキャノン』はFlash Lite(編集部注:Flashの携帯電話向けプレーヤー)版の前にHyper Card版がオリジナルであったんですね。
『太くて長いオレの○○○』にも出てくる、キャラクターのWAN-WANもずいぶん長い付き合いなんですね。

ババラ そうですね。
Hyper Card の後にReal Basicっていう開発環境を使ってみたんですけど、これが全然使いこなせなくて(笑)。
それでなんか簡単にゲームつくれるツールはないかと思って、探していたら『Klik&Play』っていう富士通が出してた簡単ゲーム作成ツールを見つけたんです。
それで創った『わんわんキャノン』が今でも『Vector』で公開してますよ。

星野 それ見ました。Mac版だったんでプレイできなかったんですけど。
なぜMac版!と思いました(笑)。
そういう経緯だったんですね。

1 2 3次のページ
shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy