中国が世界初の全ガラス製の吊り橋を建設へ バンジージャンプも予定

access_time create folderエンタメ

中国の湖南省張家界大峡谷で2013年3月を目処に材料全てがガラス製の吊り橋が建設される。橋の全長は370メートルで高さは400メートルにもなる。いわゆる世界一高く、世界一長いガラス製の吊り橋を建設しようとしているのだ。

完成は2013年末を予定しており、一般客に対して開放される。鉄筋コンクリートは一切使用せず枠組みまでもガラスで建設される。高強度の複合材を採用しており、さらに世界一の高さからバンジージャンプも計画しているとのことである。

中国はほかにもガラス製の橋やガラスの山道を建設しているが、全てガラスというのは初の試み。高所から下を見たときの恐怖感が話題となりそうで、それに加えて全部ガラス製とあっては別の意味で心配にもなってくるだろう。

ネットでの反応は次の通りである。
・中身のダンボールや発泡スチロールが丸見えになっちゃいそうだけど大丈夫?
・支えるロープもか?
・いやな予感しかしないとは正にこの事
・さすがにガラスなら爆発しないよな?
・一度は考え付くけど、危険性で却下されるアイデアだな

日本のネットユーザーはこの全ガラス製吊り橋を危険だとコメントしている。一応、航空宇宙分野でも使用される最新の複合材料を採用することになっているので、耐久性は大丈夫とのことなのだが、それでもやっぱり心配?

中国、世界初のガラス製のつり橋を2013年内に建設へ

画像:http://www.zjjslgy.com/より引用

※この記事は、ゴールドラッシュの「ソル」が執筆しました。[リンク]

access_time create folderエンタメ

ソル

  ネタのタレコミや情報提供は下記ウェブサイトからお願いします

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧