ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 『マイティ・ソー バトルロイヤル』女戦士・ヴァルキリーを熱演! 声優・沢城みゆき「ロキ様ファンの方お友達になってください!」
  • 『斉木楠雄のΨ難』インタビュー 佐藤二朗「橋本環奈が高校にいたら可愛すぎて男子は正気を保てないでしょ」
  • 不潔で下劣な男に挑んだ阿部サダヲ「珍しく自分の写真を撮ったほど、別人になりきれた」
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る
  • B2takes!小澤廉×祭nine.寺坂頼我 グループ活動する2人が心がけていることは?映画『BD~明智探偵事務所~』撮り下ろしインタビュー
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』のバトーさんを直撃! 原作愛がハンパなくて『イノセンス』制作を懇願するレベル
  • 『アントマン&ワスプ』エヴァンジェリン・リリーインタビュー「7歳の息子がワスプになりきっているのをこっそり見てしまったの!」
  • 「男って勝手で本当に申し訳ないです(笑)」伊藤健太郎が複雑な男心を語る!映画『覚悟はいいかそこの女子。』インタビュー
  • 柄本佑が前田敦子を絶賛「“僕のあっちゃん、私のあっちゃん”にしたくなる魅力がある」
  • 俳優・中村倫也インタビュー「女子の周りから固める恋愛作成は逆効果な気がします(笑)」
  • CMのオファーが欲しい!本郷奏多の中のエンヴィー<嫉妬>炸裂!? 映画『鋼の錬金術師』撮り下ろしインタビュー
  • 『ジュマンジ』でタフな美女戦士を熱演! カレン・ギランの好きなゲームは「メガドライブ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』」
  • 『スーサイド・スクワッド』のダイバーシティを担う二人に直撃 「人間関係を構築するのに必要なこと教えよう」
  • 仲良し全開のフラッシュ&サイボーグを直撃! 自分がバットマンだったらスカウトしたいキャラは?
  • 『ファンタビ』大切にしたのはティナがあの場面で「嫉妬心を出さないこと」キャサリン・ウォーターストン インタビュー
  • 福士蒼汰&吉沢亮 2人の成長した部分とは?映画『BLEACH』撮り下ろしインタビュー
体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

『中二病でも恋がしたい!』のオープニングをペイントで手描きした驚異の動画!

今期最も人気のあるアニメ『中二病でも恋がしたい!』をご存じだろうか。主人公は元中二病でそれを取り巻く現在中二病の小鳥遊六花たちが、学園生活を送るハチャメチャなアニメである。京都アニメーションが製作していることもあり、放送前の期待とは違い、最も人気のある作品となった。

そんな『中二病でも恋がしたい!』のオープニングをWindows付属のお絵かきソフト『ペイント』のみで手描きしたという驚異の動画が投稿されている。その動画はオープニング全編を手描きし、アニメーションまで限りなく再現している。

指をくるくる回すところなんかはどう再現するのか、気になったが、やはりそこは個人のペイント程度で指先がアニメーションしている程度であった。後ろ向きからのカットも左への移動はなく上下にお尻が揺れているだけである。しかしペイントで手描きした割りにはかなり頑張った方ではないだろうか。

投稿されたサイト『ニコニコ動画』には次のようなコメントが付けられている。
・ここエジプトの壁画
・ここどうなる(指を回すシーン)
・シュールw
・狂気を感じるwwww
・いや、普通にすげぇと思うよ?
・やり切る勇気
・動画に仕上げられた時点で素晴らしい努力!

以上の様に作者を励まそうと、皆はポジティブなコメントを付けてくれているようだ。既にオリジナルのアニメーションと比較動画も公開されており、どれほど違うのか見ることができる。最後のカットだけ異常に上手なのはなぜだろうか。

OPで使われている曲は『Sparkling Daydream(ZAQ)』である。『ニコニコ動画』でも活動している、ZAQの歌手デビュー曲となる。

【完成】ペイントで中二病でも恋がしたい!OP描いてみたよ(ニコニコ動画)
【比較】ペイントで中二病でも恋がしたい!OP描いてみたよ【完成記念】(ニコニコ動画)[リンク]
http://www.nicovideo.jp/watch/sm19389695

※画像は『ニコニコ動画』より引用。

※この記事は、ゴールドラッシュの「ソル」が執筆しました。[リンク]

ソルの記事一覧をみる

記者:

  ネタのタレコミや情報提供は下記ウェブサイトからお願いします

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき