ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 不潔で下劣な男に挑んだ阿部サダヲ「珍しく自分の写真を撮ったほど、別人になりきれた」
  • B2takes!小澤廉×祭nine.寺坂頼我 グループ活動する2人が心がけていることは?映画『BD~明智探偵事務所~』撮り下ろしインタビュー
  • 野沢雅子×堀川りょう「ベジータがいるから悟空の存在がある」「ブルマとの馴れ初めの話が欲しい!」 映画『ドラゴンボール超 ブロリー』インタビュー
  • 仲良し全開のフラッシュ&サイボーグを直撃! 自分がバットマンだったらスカウトしたいキャラは?
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー
  • 福士蒼汰&吉沢亮 2人の成長した部分とは?映画『BLEACH』撮り下ろしインタビュー
  • 戸次重幸が「理解出来ないほどの悪い役」に挑む実話をベースにした物語『神と人との間』
  • 北野武からの出演オファーに「役者やってて良かった」 『アウトレイジ 最終章』池内博之インタビュー
  • 俳優・中村倫也インタビュー「女子の周りから固める恋愛作成は逆効果な気がします(笑)」
  • キアヌ・リーヴスに“仕事の流儀”を聞いてきた! 『ジョン・ウィック:チャプター2』が本日公開
  • 柄本佑が前田敦子を絶賛「“僕のあっちゃん、私のあっちゃん”にしたくなる魅力がある」
  • CMのオファーが欲しい!本郷奏多の中のエンヴィー<嫉妬>炸裂!? 映画『鋼の錬金術師』撮り下ろしインタビュー
  • 北原里英が映画主演で後輩に見せる“道”「AKB48が夢の通過点では無くゴールになっているからこそ」
  • 『ブレードランナー 2049』“ジョイ”と“ラヴ”にインタビュー「SF映画は女子が観ちゃだめ? そんなわけないわ!」
  • 『ファンタビ』大切にしたのはティナがあの場面で「嫉妬心を出さないこと」キャサリン・ウォーターストン インタビュー

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

[ネタバレ有] 『ごっつ』世代必見!今田×東野が語った『カリギュラ』最終回に“体を張る”理由

カラダ張ったらベテランは若手に絶対勝てない。だからこそ……

―― これまでいろんな過激な配信がありました。お二人の身近でも色々反応があったとシーズン2配信前にも伺いました。シーズン2の配信後、周りで反応などありましたか?

今田:シーズン2配信がきっかけで、また「シーズン1から見ている」って女性も多くて。僕の『自作自演ドッキリ』、あれも不評ですね!
※今田自身が考案した「自分にかけるドッキリ」の内容が、なかなかの下ネタ

(一同笑)

東野:下ネタがダメなんですかね、女性が。

今田:(笑) ホンマにショックやったみたいで。(今の地上波での僕の)イメージが違い過ぎて。僕らは(今田・東野で)若い時から一緒なんで、お互いはびっくりはしないんですけど、今の僕しか知らん人とか見るとかなりショックやったみたいです。

―― 『ドキュメンタル』も若手が過激になってきていました。今回は火薬の量もふやし、若手を超えていくという意気込みですか?

東野:そうです。だから立派な“最後”を迎えたいんですけど。(取材の人たちも)証人になっていただいて。……これ、インタビュー終わって帰るわけじゃないでしょ?

―― もちろん観ていきます(笑)

東野:これで帰ったらホンマどつきますよ!

(一同笑)

今田:追いかけていって!

東野:追いかけていって!(後ろから)こう!

―― 「いい取材だったー」なんて言いながら

東野:高速入ったらホンマどつきますよ!(笑) ちゃんと観てってください。

今田:我々もやってきましたけど、若手っていうのはやっぱカラダ張ってね。体張って先輩超えを目指すわけじゃないですか。我々ベテランっていうのは、絶対カラダ張ったら勝てないんです。財力火薬ポジション、こういうもので若手では撮れない画を撮っていく、っていうのがベテランの戦い方やと思うんで。それにふさわしいものができるのではないかと。期待してます、本当に。これは一発勝負なんで。

東野:はい。

身体が拒絶する怖さ

―― 収録前なので何が起こるのかもわからない

東野:そうですね。

今田:何が起こるのか本当わからないんで! 多分、リハーサルって言っても「ハイ、ここで爆破有ります」って口約束なんです。昭和の我々世代って本当に怖がりなんですよ。実はやらされてた事ばっかりなんで、(いざ本番で)自らやる時って自分の意思が勝ってしまうんです。実際の現場になった時に本当に……爆破した時にハンドル切ってしまう、とか(笑)。予期せず。

東野:最低でも(僕が飛んで)湖に入らんと。湖の手前のところでシャーって火、消されて(笑)。それで終わったら、ホンマに……(笑)。

今田:あの辺の(セットの)照明なぎ倒して走るとかね。勝手にハンドル切ってもうてとか。

東野:いやいやそれはダメや、ホンマ。

今田:そんな風にありとあらゆるアクシデントも想定してやりますけど。そうならないようにどうしよう、みたいな。ホンマに何年振りかなんで、いざ爆破されたときに(当初の計画通りに)身体が任務を遂行できるのかなっていう。それすらわかんないです。

東野:僕、上を舞ってるだけですから。今田さんが左曲がってったら「あれ、おかしいな」みたいな(笑)。そこは任してるんで。あとは(湖のフチ)ギリギリまで行っていただいたら飛ぶだけです。飛ぶだけですけど燃えてますから(笑)。 急いで飛ばなダメですし。

今田:体が縮こまって。言うたらイメージは吉村みたいに跳ね上がるっていうのはあるんですけど。

東野:イメージですけど。

今田:ベテラン、ビビりっていうのがあって、そのまま(ポージングせず)落下、っていうのは僕は有るとにらんでるんですけど。

東野:(笑)

今田:見たら(手が全然)開いてないとか。「怖い!」っていう(縮こまっている感じの)方になってたりとか。

東野:あとは編集次第ですね(笑)。 縮こまって「シュポッ」って火が水で消えて、で、多分「ドン!」(暗転)って終わると。

(一同笑)

今田:かなり画はすごいことになりそうな感じはしますね。この間の30倍ですから。爆破する特効(特殊効果)さんも気合入ってます。「思いっきり見せるぞ」と。

狩りの収録を経た東野にある「変化」が

―― 楽しみにしています。これまでも東野さん狩りシリーズに挑戦されてきたかと思うんですけど、今田さんから見て、狩りシリーズ後の東野さんに変化とかありますか? 芸人として、人間として
※狩りシリーズ:『東野、鹿を狩る』『東野、猪を狩る』『東野、カラスを食う』など野生動物を狩る企画

東野:そんなの無いでしょ(笑)。おかしいでしょ、変化有ったら(笑)。

今田:でもそれはありました。如実に。この間、寿司一緒に食べに行ったんですけど

東野:はいはいはい。

今田:今まで聞いたことも無い「これはスダチの方が合いますねぇ」って一言聞いた時に、僕はもうホンマに感無量でしたね。

東野:それ狩りのおかげなんすか?(笑)

今田:やっぱそれは生き物を、魚という生き物を……。

東野:いやいや、スダチの話しでしょ(笑)。スダチの話しですよ。

今田:スダチかけてちょっと塩を付けたときに、「これスダチ合いますね」って言うた時に、生き物を最高の状態で食らうっていう事に対してのリスペクトやと思ったんで。これ、狩りする前は「一緒でしょー」とか「何でもいいんじゃないんですか」って言うてたが。

東野:「十分でしょ」って。

今田:(寿司屋の)大将の説明を聞くようになりました。前は大将の説明とか嫌いやったんですよ。

東野:「焼き方がどう」とか。

今田:「これはこうして……」(という大将の説明に)「あー、やります、こっちでやります」とかカブすように言うてたんですよ。それがもう話をちゃんと聞く。これは生き物の命を奪ってきた人間にしか……。まあ、普通の大人は(説明)聞くんですけど(笑)。

東野:普通の食事のマナーの話しじゃないですか(笑)。

今田:これは変化よ。大きな変化だと思います。ひがしのりにとっては。

―― 東野さんに取ってはその自覚とかは

東野:何の自覚ですか? スダチをかけるようになった自覚ですか?

(一同笑)

東野:狩りはシーズン2で最後、本当行きたかったんですけど、――多分、スタッフがアホやと思うんですけど、熊ってやっぱ北の方じゃないですか。撮影も言うたら夏過ぎ、秋から冬にかけてね、収録していく上で、……熊って冬眠すること、多分スタッフわかってないから(笑)、「冬眠してますねえ」って。

僕はスタッフに「熊、いつ行けるの? いつでも行けますよー。スケジュール空いたらいつでも行けますよー」っていうたら「冬眠してるんですよねー」って(笑)。「えーっ」ってなって。熊に対する知識がちょっとなかったみたいで。

熊を狩るのを楽しみにしている皆さんには申し訳ないという気持ちでいっぱいなんで、是非是非、そういう意味では『カリギュラ』シーズン3に向けて、できるならば熊行きたいので、そのためのシーズン2最後、火の鳥になって、―― 謝罪も込めて火の鳥になってシーズン2の幕は閉じたいなと。で、熊の方に。

(記者に向かって)ね、一緒に行きましょうよ、熊(笑)。 あなたの書く文章も変わってきますよ! 血なまぐさいものになってきますよ
(一同笑)

前のページ 1 2 3 4次のページ
オサダコウジの記事一覧をみる

記者:

「予備校生のような出で立ち」で写真撮影、被写体(スチル・動画)、記者などできる限りなんでも、体張る系。 「防水グッズを持って水をかけられるのが好き」などの特殊な性質がある。 好きなもの: 食べ物の写真、昔ゲーム(の音)、手作りアニメ、昭和、穀物

TwitterID: wosa

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy