ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 仲良し全開のフラッシュ&サイボーグを直撃! 自分がバットマンだったらスカウトしたいキャラは?
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」
  • 俳優・中村倫也インタビュー「女子の周りから固める恋愛作成は逆効果な気がします(笑)」
  • 『ミッション:インポッシブル/フォール・アウト』サイモン・ペッグインタビュー「ベンジーがイーサンに唯一勝てる場所」とは?
  • 北野武からの出演オファーに「役者やってて良かった」 『アウトレイジ 最終章』池内博之インタビュー
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る
  • 野沢雅子×堀川りょう「ベジータがいるから悟空の存在がある」「ブルマとの馴れ初めの話が欲しい!」 映画『ドラゴンボール超 ブロリー』インタビュー
  • 柄本佑が前田敦子を絶賛「“僕のあっちゃん、私のあっちゃん”にしたくなる魅力がある」
  • 『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』で大大活躍中! チューバッカさん直撃インタビュー:動画  
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー
  • 『レディ・プレイヤー1』キャストインタビューで判明!「実際にこの映画をテーマにしたゲームが発売予定だよ」
  • B2takes!小澤廉×祭nine.寺坂頼我 グループ活動する2人が心がけていることは?映画『BD~明智探偵事務所~』撮り下ろしインタビュー
  • 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でカイロ・レンはどうなっちゃうの? アダム・ドライヴァーを直撃!
  • 『ブレードランナー 2049』“ジョイ”と“ラヴ”にインタビュー「SF映画は女子が観ちゃだめ? そんなわけないわ!」
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』のバトーさんを直撃! 原作愛がハンパなくて『イノセンス』制作を懇願するレベル
  • 『ファンタビ』大切にしたのはティナがあの場面で「嫉妬心を出さないこと」キャサリン・ウォーターストン インタビュー

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

[ネタバレ有] 『ごっつ』世代必見!今田×東野が語った『カリギュラ』最終回に“体を張る”理由

久しぶりの爆破、ストレスで体に異変も

―― 先ほど体張るの久しぶりだ、とおっしゃってましたがどれくらいぶりですか? 『ダウンタウンのごっつええ感じ』以来とか?

東野:そうですね、17~18年ぶり?くらいですかね。

今田:爆破も僕、昔一回、採石場でオープニングシーンを松本さんと撮った『わらいのじかん』(1999-2000年)、あの時の爆破以来ですよ。本当に。めちゃくちゃ怖かった!「走ってください」言われて。「爆破の中、走るの?」って。

東野:確かに最近、爆破って無いですよね。『笑ってはいけない』のエンディングぐらいですよね。今、爆破やってるのって。
※『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで 笑ってはいけない○○』シリーズ

今田:アレも大晦日の花火とごちゃごちゃにうやむやにしてやってるような。

東野:あとテレ朝の『戦うお正月』くらいですか、出川さんと濱口君が。あれももうやってないですかね。そんなぐらいですよね、今、もう爆破って。

今田:確かに。爆破のありがたみも僕ら当時はわかんなかったんで。今思うと、僕も『西部警察』とか見ながら――昔は当たり前のように観てましたけど、今観たほうが胸に来るもんがありますね。「こんなすごかったんか、やばいな」っていう。

東野:『お笑いウルトラクイズ』とか、いろいろやってましたよね。今、Amazon(Prime Original作品)のおかげで“特効バブル”なんすね。特効さんの特需が来てる。良いお正月迎えてほしいですよね。「今年ええ一年やったなー」って(笑)。

今田:あの工場も見たしなあ。爆破工場みたいなのが山奥にありますからね、火薬厳禁の。
※『カリギュラ』シーズン2-5『特効野郎Aチーム』で特殊効果専門チームへの潜入が行われた

東野:特需というか羽振りの良さを受けて、若い人も入ってきてほしいしね。「我もやりたい」って方に来てほしいなと。

―― 今回の企画ってオファー受けたのはいつくらいだったんですか?

今田:オファーって言うか、「やりたい」って最初に言ってたもん。

―― スタジオで言ってたあの時からずっと!?

東野:これちょっとやりましょうよ! みたいな。

今田:なんか火つきました(笑)。 ひがしのりが「やりたい!」って言うのも久しぶり。結構受け身なんで、我々は。

―― 収録が決まってから、「やっとコレが出来るぞ」って気持ち、「やらなきゃいけないのかぁ」って気持ちとで、過ごす時間が変わってくると思うんですけどいかがでしたか?

東野:(笑)

今田:まぁ、ヘルペス出来てますからね(笑)。

東野:ヘルペス出来て、オープニング喋ったらヘルペス切れる、っていう幸先の悪いスタートが始まったんですけど。はい。

今田:それ位ストレス抱えて挑んでるってことですからね。

東野:今日、顔に火が付けへんやつ(防火剤のジェル)塗るみたいですよ。引火しないやつ。

今田:そら、そやわ。

東野:それ考えたら、(花火で火傷事故に遭った)ヒロミさんすごいですよね。あんなん塗ってない感じで事故になったから。背中に花火1万本とかでしょ?

今田:炎が全部お尻と下半身に来たんですよ。

東野:んで、(ヒロミさんが)ロケバス乗って「あれ? ヤバいな、コレ」みたいな(笑)。

今田:俺も聞いた。そういう礎(いしずえ)もあっての進化してますから。

東野:そうですそうです。細心の注意を払って。言うたら、これをやることによって次の世代に『火の鳥』のバトンを渡すわけですから(笑)。

―― 今日のロケ、頑張ってください!

今田・東野:ありがとうございますー!!

「今できる面白さ」をひたすら追いかける二人

およそ20分のインタビューが終了し、両氏はリハーサルへと向かいました。
屋外にもかかわらず、笑顔と通る声でよどみなく語る二人でしたが、“張った”緊張感が皮膚を通して伝わってくるような時間でした。

インタビューの中でも出てきた過去のバラエティ番組は、新たな「面白さ」を追求し、継承し続けてきたものばかりでした。やりすぎだった部分も含めて。

しかしその「やりすぎ」の中にあった面白さのいくつかは、コンプライアンスの名のもとに失われてもいきました。『カリギュラ』はその失われた面白さを取り戻す番組なのだと気づかされます。

「若手では撮れない画を撮っていく」という今田さんの言葉がありましたが、彼らが体を張るのは「今だから面白い」「今できる面白さ」を追求し続けているという心境の現れだったと言えそうです。
同時にそれは、若手や過去の「面白さ」と戦い、引き継ぎたいということなのではないでしょうか。

数々の無茶な企画、現場を経てきたからこその二人がこのインタビューの後、どんな結果を出すのか―― 番組本編でも是非確認してみてください。

※現場の全レポート記事はこちらからどうぞ
[ネタバレ有] 好奇心がコンプライアンスに勝つ番組『今田×東野のカリギュラ』シーズン2“最終回”の収録現場に行ってきた!
https://getnews.jp/archives/2095568 [リンク]

■Amazon.co.jp: 今田×東野のカリギュラ | Prime Video
https://www.amazon.co.jp/caligula [リンク]

(C) 2018 YD Creation

前のページ 1 2 3 4
オサダコウジの記事一覧をみる

記者:

「予備校生のような出で立ち」で写真撮影、被写体(スチル・動画)、記者などできる限りなんでも、体張る系。 「防水グッズを持って水をかけられるのが好き」などの特殊な性質がある。 好きなもの: 食べ物の写真、昔ゲーム(の音)、手作りアニメ、昭和、穀物

TwitterID: wosa

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy