ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「PLUTO’S CORNER」その意味とは? 遊び心たっぷりの「ウォルト・ディズニー・スタジオ」散策

img_5120

今年3月に公開され興行収入50億円突破の大ヒットを記録したディズニー・アニメーション最新作『モアナと伝説の海』。現在MovieNEXが発売中、デジタル配信中です。

ガジェット通信では『モアナと伝説の海』を生み出した、ロサンゼルス「ディズニー・アニメーション・スタジオ」に潜入取材! 監督をはじめとするクリエイターインタビューから、ディズニー・アニメーションの歴史を学べる「アニメーション・リサーチ・ライブラリー」見学まで、たくさん勉強させてもらいました。

今回は、「ディズニー・アニメーション・スタジオに行ってきた!篇」の第2弾として、スタジオ内に掲げられている様々な資料やディズニーアニメファンの子供からのお手紙などをご紹介します。

【関連記事】帽子型屋根に七人の小人が支えるオフィス! ときめきが止まらない「ディズニー・アニメーション・スタジオ」訪問レポート
https://getnews.jp/archives/1780167 [リンク]

各アニメーションの世界観が凝縮された1枚は必見!

img_4936

「ディズニー・アニメーション・スタジオ」内には様々な展示物が掲げてあるのですが、廊下にもファン垂涎のアートがたっぷり。

img_4938

各作品の代表アート1枚が飾られているのですが、こちらが『美女と野獣』の代表アート。

img_4939

『リトル・マーメイド』

img_4941

『くまのプーさん』

img_4947

『眠れる森の美女』

img_4944

『ジャングル・ブック』。どれもその1枚のアートを見るだけで作品の感動が浮かび上がってくる様です。

img_4937

中にはこの『アラジン』の様に、「えっ!『アラジン』のストーリーの中でなぜこのシーンを?!」というのもあったりして、非常に面白いです。

子供たちからのファンメールに感動!

img_4979

クリエイター陣が作業する部屋の壁には、世界中の子供たちから寄せられたお手紙が飾られています。

img_4974 img_4976 img_4977

どのお手紙も愛情がこもっていて、眺めているだけで泣けてきます……。

img_4973

日本語のお手紙もありました! こうして一人一人の気持ちを大切にしているディズニーだからこそ、世界中の人に愛される作品を作ることが出来るのかもしれませんね。

1 2次のページ
藤本エリの記事一覧をみる

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy