ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ディズニー・アニメーション面白さの秘訣は“新しい世界”への探究心「慣れきっているおもちゃの裏側に存在するシークレット・ワールド」

0608_moana_may25k-suzukig-shibuya

今春大ヒットを記録した映画『モアナと伝説の海』。最新技術による美しい海と、全く新しいヒロイン、ディズニー・アニメーション伝統の心が洗われるストーリーの融合は見事の一言! 何度でも観たいアドベンチャー・ムービーとなっています。

それもそのはず、この『モアナと伝説の海』を手がけているロン・クレメンツ監督&ジョン・マスカー監督は、『リトル・マーメイド』『アラジン』等を手がけた伝説のお2人! 今回は両監督と、プロデューサーのオスナット・シューラーさんにお話を伺いました。

0635_moana_may25k-suzukig-shibuya

――モアナは非常に活発で、健康的な女の子に描かれてます。彼女の健康的な体型には何か意味を持たせているのでしょうか?

オスナット・シューラー:意識的に健康的な体型にしたんです。モアナはどんな状況になっても自分で自分を守ることができます。戦いにも挑みます。世界を救う為に戦う彼女ですから。強くてパワフルでありながら、勿論美しいキャラクターにしたかったんです。彼女のルックスを決めるまでに沢山のビジュアルが候補にあがりました。1階にあるギャラリーを見ていただければわかりますが、最終的なモアナのルックスが決まるまで随分試行錯誤したんです。彼女を強く、何でもできる女の子にするのは意識的な決断でしたが、最終的に決まったモアナのルックスはビューティフル&パワフルです。

――彼女のパワフルで健康的なルックスは、細いだけが美しいじゃないと言うメッセージも入ってると思っていいのですね?

ジョン・マスカー:そうです。すごく細くなくてもいい。健康的でパワフルと言う事が大切だと言いたかったんです。

オスナット・シューラー:健康的な肉体は凄く美しいと言う事です。

――監督お2人は『リトル・マーメイド』『アラジン』などの素晴らしい手描きアニメーションを作られていますが、『モアナと伝説の海』を手描きアニメーションで作りたいとは思いませんでしたか?

ジョン・マスカー:このアイディアを提案した時、確かに手描きのアニメーションでやったらどうだろうと思ったんだ。手描きのアニメーションとCGを組合わせた作品ね。でもジョン・ラセターがCG じゃないとダメだと主張した。僕は手描きのアニメーションだって出来るのにな、と思いながらCGで作る事に同意したんだが、出来上がったものを見た時にCGでやったのは正解だったとつくづく思った。

正しい決断だったと確信したよ。海が沢山登場するが、海の動きを手描きでやっていたら時間が掛かり過ぎるし、CGのように水を上手く描けない。マウイというキャラクターは体中にタトゥーがあるだろう。あれは手描きだったから、それはそれは大変だった。ほとんど不可能って感じだね。それから衣類のなんともいえない生地感。土の趣き、草の細かい動き、手作りの籠、それに髪の毛。どれもこれも手描きではCGのような質感はだせなかった。

ロン・クレメンツ:照明だってほとんど不可能だったと思うよ。

ジョン・マスカー:アニメーションはどれもこれもCGであるべきだとは思わないが、この映画に関してはCGが正しいやり方だったと確信してるんだ。

モアナ

――今回はポリネシア文化を理解する為のリサーチ旅行に長期間出かけたそうですね。過去のディスニー作品から何かアイデアを得たことは?

オスナット・シューラー:今回は特に私たちの眼で見たもの、感じたもの、太平洋の島々で出会った人々、彼らの文化や背景、歴史、リサーチの旅で体験したものすべてを表現したかったから、自分たちは何回も行きましたし、ライティングディレクター、キャラクターデザインのアーティストたちにも行ってもらって、色合い、雰囲気すべてを見て聞いて、感じてもらいました。私達グループの実体験以外のものを参考にはしていません。勿論、このお二人は過去6本も素晴らしいアニメーションを作っているから、彼らの過去の作品の影響を全く受けてないとは言えません。でもこの映画は独特のものです。

ロン・クレメンツ:一つ付け足しておきたいのは、ジョン・ラセターはリサーチというものを非常に重要視していて、リサーチをやり過ぎるという事はないと信じている人なんです。リサーチを掘り下げて、さらに掘り下げて基礎をつくり準備する事を奨励してるんです。我々の最初の『オリビアちゃんの大冒険』の時はロンドンに行きたかったけれど行かせてもらえなかったし、『リトル・マーメイド』の時はモントレー(北カリフォルニア)にある水族館に行って水の中を泳いでいる種々の魚たちをリサーチしただけだった。(笑)『アラジン』の時は中東に行ける状態ではなくて行けなかった。でも『プリンセスと魔法のキス』はジョン・ラセターがヘッドになってからで、膨大なリサーチを許されたです。ジョンになってから我々もリサーチの重要さを学んだと言えますね。

――ポリネシア文化に触れて特に興味深かった出来事を教えてください。

ロン・クレメンツ:僕達は最近タヒチに行ったんだ。『モアナと伝説の海』がタヒチ語に吹き替えされて公開されたんだ。タヒチの歴史の中でどんな映画でもタヒチ語に吹替えされるなんていう事は今まで無かったんだ。だから現地でタヒチ語に吹き替えされた『モアナと伝説の海』を見て感動したよ。一万人の人が集まった。見る人を楽しませることのできる作品を作るのは大切な事であるのは承知だけど、楽しませること以上の要素を持ったものがあるというのを今回はつくづく感じたよ。ポリネシアでこの映画は大歓迎された。さらにポリネシアの人々に大きなインパクトを与えた事に驚いたんだ。(オスナットさんにジョンさんが)あの時の話をしてあげてよ。

1 2 3次のページ
藤本エリの記事一覧をみる

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。