体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ギリ大丈夫?ギリアウト?『ペヤングチョコレートやきそば ギリ』実食レポ

IMG_8938_s

カップ麺業界の暴走が止まらない。本日1/17(火)発売の『ペヤングチョコレートやきそば ギリ』はその名の通り、チョコレート味の“やきそば”だ。

いや、チョコレート味のやきそば、ってそもそもおかしくないか?と思いながらパッケージを眺める。

板チョコをあしらったパッケージには、「I LOVE YOU」と記されている。悪ノリである。内容量はこれまでのシリーズと変わらぬ麺80g。しかし、原材料名表記がおかしい。

IMG_8941_s

「油揚げめん」に「添付調味料(チョコレートベース)」と続き「かやく(クルトン、イチゴ加工品)」とある。

IMG_8943_s IMG_8948_s IMG_8951_s

やっぱり、チョコレートなのだ。かやくは通常の『ペヤング』と異なり“後入れかやく”。なるほど、クルトンとイチゴを連想させるレッドの粉末が入っている。“やきそばソース”の表記には、違和感を禁じ得ない。

IMG_8961_s IMG_8976_s IMG_8978_s

いつものように湯切りを行い、“ソース”をかける。……甘い。香りが、フレーバーが、甘い。チョコレート風じゃなくてチョコレートだ。

あたりに甘い甘い香りが漂い、編集部がにわかにざわついた。

後入れかやくを入れ、何かが完成した。

IMG_9019_s IMG_8991_s IMG_9024_s

あたたかな蒸気に包まれたチョコレートフレーバーが周囲を包む。めんを持ち上げると、つややかなチョコレートがしたたる。

「そうだ、これはホットなデザートなんだな。食事だと思うからおかしいんだろう」

そう思って口に運ぶと……考えていたよりもチョコレートの甘さは“控えめ”だったが、しっかり、甘い。やっぱりデザートだ。ホットケーキみたいなもんだ、と思いこみながら、はしを動かすのだが、強烈な違和感だけが脳を支配する。

IMG_9032_s

食べながら筆者は、自分が混乱していることに気が付いた。

食べる動作、そしてめんの細さや縮れ具合、硬さなどは慣れ親しんだまるか食品のペヤングソース焼きそばのそれなのだ。口に入った瞬間、「ハイ! ペヤングですよー。ソースやきそばのめんですよー」と脳に指令が送られる……はずが、チョコレートの甘さのせいで、情報が整理できないのだ。

よせばいいのに、クルトンのサクサク食感と、フルーティーなイチゴ風の酸味がときおり遅れてやってくる。比較的ビターで甘さもそこそこに蓄えたチョコレート味、“かやく”のバランスは非常にとれている。

けれども、『ペヤング』のめんが、僕を大きく乱す。食べていて、こんなに乱れた食品はあっただろうか(いや無い)。

IMG_8942_s

朝起きて「今日はチョコレート味のペヤングっぽい食感の麺を食べたいな!」という日があるのであれば、この『ペヤングチョコレートやきそば ギリ』は大いにアリだろう。そんなときは迷わず購入し、急いで湯切りすべきだ。

だが、おそらく、そんな日は来ない。

日々の生活に閉塞感を感じている人、2017年を自分の力で変えたいと考えているけど何をしたらいいかわからない人、チョコレートが好きでたまらない人には『ペヤングチョコレートやきそば ギリ』をおススメできる……かもしれない。

もしあなたが店頭で『ペヤングチョコレートやきそば ギリ』と目が合ったなら、己と向き合うチャンスだ。検討を祈る。

IMG_9034_s

ペヤング チョコレートやきそばギリ  |  まるか食品株式会社
http://www.peyoung.co.jp/products/632/

オサダコウジの記事一覧をみる

記者:

「予備校生のような出で立ち」で写真撮影、被写体(スチル・動画)、記者などできる限りなんでも、体張る系。 「防水グッズを持って水をかけられるのが好き」などの特殊な性質がある。 好きなもの: 食べ物の写真、昔ゲーム(の音)、手作りアニメ、昭和、穀物

TwitterID: wosa

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。