ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「プ女子」急増中!?今プロレス界が萌えている

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

汗をほとばしらせリングを駆け巡る屈強な肉体、ここぞというタイミングで繰り広げられる必殺技……力道山の昔から”男の観るスポーツ”として人気を集めてきたプロレス

しかし今、巷では”プ女子”と呼ばれる熱烈な女性ファンが急増しているらしい。

発表によると2013年から2014年にかけて新日本プロレスオフィシャルファンクラブの女性会員数は実に120%の伸びを見せ、男女比率でも4割に至っている。

いったいプロレスの何が女性の心を惹きつけているのだろうか。

ここ数年、試合や関連イベントに足繁く通っているというOLで写真家の女性(36歳・神戸市)に事情を聞いた。

― プロレスに興味を持ったきっかけは?

ケーブルTVのプロレス番組ですね。中邑真輔選手のクネクネしたムーブと独特のマイクパフォーマンスを見て強烈なキャラに興味をひかれました。

― 数ある団体の中でも新日本プロレスは特に多くの女性ファンを獲得しているようです。新日本プロレスには他に比べてどんな魅力があるのでしょうか?

イケメンで魅力的な選手が多いのはもちろんだけど、やっぱり試合のレベルが他の団体よりも高いですね。 キャラも各々しっかり立っていて見ていて飽きないです。

他にも人気の団体はあるけどあまりに女性向けでチャラチャラしてたり、お笑い・下ネタ系に偏っていたりするので……新日はバランスがいいんだと思います。

― 女性ファン向けの書籍や、BL(ボーイズラブ)ものの同人誌も人気のようですね。プロレス選手のどんなところに萌えポイントがあるのでしょうか?

普段と試合中とのギャップかな? 真壁刀義選手のスイーツ好きとか天山広吉選手の妖怪ウォッチ好きとか(笑)
会社自ら「コミケで薄い本出してくれてもいいよ」とか腐女子狙いの発言を繰り返してるのは個人的にいただけないけど、じっさい萌える女子は多いかと思います。 田中翔選手と小松洋平選手の仲の良い姿とか……たまらないですよね。

選手の写真集とかもけっこう出てるし、最近のレスラーは女性が好感を持てる頭が良くておしゃれな選手が多いですね。

― 生のプロレス観戦の楽しみ方を教えてください。

試合の写真も自由に撮れるし、握手会もあって選手と身近で触れ合えるのが生ならではの楽しみです。

ハグOKの選手も居ますしね。

― 特に好きな選手とその魅力を教えてください。

なんと言っても中邑真輔選手です。独特のキャラとクネクネとしたムーブ、面白いマイクパフォーマンス……一見気持ち悪いんだけどだんだんくせになってきます(笑) 彼は頭もセンスも良くて試合もとても芸術的なんです。 エースは棚橋弘至選手だけど一番人気は中邑だと思います。

あとは飯伏幸太選手。

業界初の新日とDDTの二団体所属選手なんです。彼の驚異の身体能力と華麗な飛び技はプロレス見た事ない人でもきっと楽しめます。

あとヒールでリング上では俺様キャラなのにトーク番組では育ちの良さとか礼儀正しさが隠しきれてないオカダ・カズチカ選手とかもギャップ萌えですね……

プ女子の増加は、ファンに向き合い、多様な個性を打ち出そうという選手や運営企業の努力によるものが大きいようだ。

筆者の調査によるとこのムーブメントはタレントや文化人など発信力のある層も巻き込んでまだまだ拡大中。

今後のプロレス文化をさらに豊かなものへと成長させてくれるだろう。

※画像は『新日本プロレス』オフィシャルサイト、『AMAZON』から引用しました
http://www.njpw.co.jp/
http://www.amazon.co.jp/%E3%82%82%E3%81%88%E3%83%97%E3%83%AD-%E5%A5%B3%E5%AD%90%E3%81%AE%E3%81%9F%E3%82%81%E3%81%AE-%E8%90%8C%E3%81%88%E3%82%8B-%E3%83%97%E3%83%AD%E3%83%AC%E3%82%B9%E3%82%AC%E3%82%A4%E3%83%89%E3%83%96%E3%83%83%E3%82%AF-%E6%B8%85%E9%87%8E%E8%8C%82%E6%A8%B9/dp/4865060847

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: 中将タカノリ) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP