体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【米光×中村 ぷよぴったん対談】その4:「ゲームデザイナーにはなるな」 “勃興期好き”な2人が若者に学んで欲しいこと

【米光×中村 ぷよぴったん対談】その4:「ゲームデザイナーにはなるな」 “勃興期好き”な2人が若者に学んで欲しいこと

『ぷよぷよ』『魔導物語』『バロック』などの名作ゲームを生み出した米光一成氏と、人気ゲーム『もじぴったん』シリーズのディレクター、プロデューサーを務めた中村隆之氏。現在、米光氏は立命館大学で講義を持ち、電子書籍を対面販売する“電書部”を主宰、中村氏はバンダイナムコゲームスを退社して現在は講演を中心に活動するなど、ゲーム業界とは少し離れたフィールドにも軸足を置いて活躍しています。“国産2大パズルゲーム”を世に送り出した2人は、今何を教え、ゲームについて何を考えているのでしょうか。ガジェット通信はこの2人の対談を企画、このとき初対面という2人に「遊び」「学び」「ゲーム」「電子書籍」をキーワードに語っていただきました。第4回は、まじめなお話としてはここで一応ひと区切り。ゲーム業界で“勃興期”を経験した2人が、ゲーム業界を目指す人を含む、これからの人たちに学んで欲しいことについて語ります。

聞き手:ガジェット通信 宮原俊介(shnsk)

第3回「【米光×中村 ぷよぴったん対談】その3:「ゲーム屋さんがやるべきお仕事」 電子書籍でゲームデザインを教える意味」はこちら( http://getnews.jp/archives/96967 )

・「ゲームデザイナーにはなるな」

中村:いつの間にか話が発散しちゃいましたね。どっちも熱く(笑)。

米光:僕、すぐ拡散させる……(笑)。

中村:すみません、僕も若干そういう傾向がある(笑)。

宮原:ゲームを作ってたお2人が、なぜ今こういうことをやってるのか、みたいなところにうまくつながるといいんですけど……。例えば、お2人がゲームの作り方を人に教えるっていうのは、なぜなんですかね。ゲームを作ってもらいたい?

中村:違いますね。

宮原:別にゲームデザイナーになって欲しいわけじゃない?

中村:僕はどちらかといえばゲームデザイナーにはなって欲しくない……と(笑)。こんなこと言ったらゲームの専門学校とかで教えてるんでアレなんですけど(笑)。

米光:一緒です(笑)。今、「ゲームデザイナーとは何か」によっちゃうけど、「○○○みたいなゲーム会社に入りたいです」って言われると「え~、今~?」みたいな(笑)。

中村:僕、本当にいわゆる、「ゲームが大好きで、ああいうゲームが作りたいんです」みたいなのは「あーちょっとな」と思っちゃうんですよね。だいぶ前ですけど、『Rez』とかを作られた水口哲也さんがNHKの番組で、自分の母校の小学校に里帰りして教える授業みたいなのをやっておられて。

米光:『課外授業 ようこそ先輩』って番組。

中村:そうですね。その番組で、水口さんが小さい時にはゲーム業界というもの自体がなかったと。小学校の皆さんには、まだ「なんとか業界」ってのがないものを作って欲しいと。そういう未来を自分たちで想像して、新しい「こんなのがあったらいいな」みたいなのを皆で発明しましょう、みたいなことをやっておられて、僕はそれ凄く「あ~それいいな」と思って。

僕は今39歳なんですけど、中学くらいでファミコンが出て、ゲームで育ってゲーム会社に入ってゲーム作ったんだけど、ここにきてやっぱりそうじゃなくて。いわゆるゲームじゃない、今どんな名前が付いているかわからないけど、ゲームならではの技術とかノウハウみたいなのがあるはずだから、これを使って新しい産業みたいなのを生みだす人っていうのが生まれて来てほしいとすごく思っていて。

『塊魂』の高橋慶太くんとか、今イギリスで公園作ってたりするんですよ。ちょっとキテレツで面白い遊具を作ったりとか。遊びをテーマにするなら、エンターテインメントをテーマにしたものを作りたい、という志向はずらさなくてもいいと思うんだけど、純粋なゲームじゃなくて、もっと次の産業のレベルのことをやって欲しくて。そのためには、もう既に僕らが学んだことは「もう君たちはこれ学ばなくていいよ」っていう意味で教えたいっていう気持ちがあるんですよね、ちょっとね(笑)。

1 2 3 4次のページ
shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。