体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

300万ダウンロード突破『Jコミ』が目指すもの – 赤松健インタビュー(後編)

漫画家 赤松健さん

ヒット作『ラブひな』『魔法先生ネギま!』の作者である漫画家 赤松健氏は2010年11月に「絶版となった漫画作品を広告入りPDFファイルにして無料でダウンロードできるようにする」と発表、ネットで大きな話題となった。赤松氏が代表である『Jコミ』はこの電子書籍事業のための会社。サイトオープン直後、渦中の赤松健さんに様々な角度からじっくりお話をうかがった。(このインタビューは2010年12月におこなわれました。)

※前編はこちらです

○登場人物
赤松健さん(漫画家。絶版漫画を広告モデルで電子的に配布する『Jコミ』を作った人)
深水英一郎(ガジェット通信)
長田恒司(ガジェット通信)
ピカ田チュー太郎(夕刊ガジェット通信)

ツイッターでの発言

●ニコニコ批判について

深水 赤松さんは『ニコニコ動画』のことをやや批判的に書いておられましたが。

赤松 その発言をした夜に『ニコ生』に出てるんですけどね。

深水 そうそう。「もう出てるわ!」と思いながら拝見してたんですけど。

赤松 だって「誰も出てくれないんですぅ―」ってニコニコ動画の人が言うから。

深水 なんだ、先生やさしいんですね。

赤松 前々日くらいに依頼が来て「週刊連載やってるんだから出られませんよ」って断ったんです。「ただし、本当に他の誰も漫画家の先生がみつからないようでしたら、番組が成り立たないので私が出ますから、そのときにもう一回正式に言ってください。でも本当に探して下さいよ!?」って言ったら、次の日に「誰もみつかりませんでした」って。ホントに探したのかよ!?(笑) だから出ましたよ。それで。

深水 僕だったら「他の人がみつからなかったら出る」と言われた時点で確定だと思いますね。出てもらえるんだったらおいしいもんね。赤松先生有名だし。

長田 そもそも『ニコニコ動画』は好きじゃないんですか?

赤松 『プレミアム』には入っていませんよ。だからね、『ベルセルク』の先生が、すごく協力してイラストとか描いてあげているのを見て、そういうことをしているとアニメ版ベルセルクとかがアップロードされたときに「削除して」って言いにくいでしょって思ってましたよ。

ピカ田 作者側にとってはつらい事ですよね。

赤松 他の漫画家はみんなは見てるかもしれないですけど、私はノーコメント。とにかく、『プレミアム』に入って金を払うつもりはないです。

長田 このグレーゾーンが容認されている限りはということですか?

赤松 何かあったとき、『プレミアム』見てるじゃないかって言われると困るから。

深水 システム自体についてはどう思われますか?みんなが何かについてコメントをして楽しむという。

赤松 まあそれは素晴らしいんじゃないですか。

深水 動画とかご覧にならないんですか?

赤松 それもノーコメントですね。言質とられるのもなんなので。

深水 別に言質とってどうこう、なんてないですよ(笑)。

赤松 ええ(笑)。しかし「観てるじゃないか!」ってことになるので。

深水 でも、アカウントはお持ちのような口ぶりですよね? でも『プレミアム』には入らない。

赤松 それは、削除するときに必要ですから。

深水 権利者として?

赤松 そう。ふふふ、ボロは出しませんよ(笑)。

深水 お好きな動画はどれですか? とか。

赤松 ないですね。

深水 『Youtube』は見ますか?

赤松 『Youtube』も同じことです。

ピカ田 『バンダイチャンネル』は?

赤松 『バンダイチャンネル』は見てますよ。『GyaO』とかも好きですし。そういう、ちゃんとした手続きを経て公開されているものは日記とかもに書きますけども。「『ニコニコ動画』や『Youtube』で昔のアニメを見たよ!」ということは、日記にもtwitterにも書くことは絶対に無いですね。

●頼まれてもないのに、カバーを2種類描いてます

赤松 『ネギま!』OAD(オリジナル・アニメーションディスク)に関してですが、これはDVDや単行本が入っています。だけどこれ、私の印税が発生するのは本の部分だけなんです。DVDやカードとかあらゆる本以外のモノに関しては、講談社がほとんど持って行きます。でも面白いアニメが見れたら私も楽しいし、みんなも楽しいだろうからいいかなっていうことで毎巻やってます。

深水 印税とったらいいじゃないですか? なんでとらないんですか?

赤松 かわいそうだから、講談社が。私は結構儲けさせてもらったから、もういいかなっていうのもあって。

深水 やさしいなぁ。

赤松 いや、でもみんな喜んでるんです。アニメが見られて。ただ、3700円って高いですよね。毎巻これを買っていただいている読者には、感謝していますよ。私にはお金がきてなくても、本当にありがとうございますって心の底から思ってます。で、あのですね、ここに通常版の32巻と、限定版の32巻があります。よく見るとわかるんですけど、こちらは通常版の表紙です。そしてこれは限定版の表紙。限定版は違うバージョンになっていて、キャラが全員水着なんです! この表紙は2バージョン描き下ろしなわけです。別に頼まれたわけでもないのに。これね、このカバーには原稿料は一切発生しませんよ。でも、「水着になってる!すげぇ!」っていうことで、読者が喜ぶならいいじゃないですか! っていうのが私の考え。

1 2 3次のページ
深水英一郎(ふかみん)の記事一覧をみる
深水英一郎(ふかみん)

記者:

見たいものを見に行こう――で有名な、やわらかニュースサイト『ガジェット通信』発行人。トンチの効いた新製品が大好き。ITベンチャー「デジタルデザイン」創業参画後、メールマガジン発行システム「まぐまぐ」を個人で開発。利用者と共につくるネットメディアとかわいいキャラに興味がある。

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。