体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

シンデレラの「ガラスの靴」魔法が解けて消えなかったのはなぜ? アニメ版と実写版の違いからわかる驚きの答え

シンデレラ 魔法のガラスの靴

ガラスの靴、魔法が解けてもなんで消えないで残ってるの?」という疑問について2015年版の新作映画『シンデレラ』をみながら考えてみます。妖精が魔法をかけるシーン(動画もあります)をよくよく見てみると、そこにヒントが隠れています。

画像と動画つきで元記事を読みたい場合はガジェット通信サーバーにある記事をご覧ください。

シンデレラ最大の謎

新作映画、実写版の『シンデレラ』観ました。舞踏会のシーンでは感動して泣いてしまいました。王道ではありますが現代風にアレンジされており、子供から大人まで男女問わず楽しめる優れた作品です。

誰でも知っている有名な物語「シンデレラ」ですが、映画を観ているといくつかの疑問が浮かんできます。

例えば「ガラスの靴って履いたら痛くないの?」「割らずに歩けるの?」とか「シンデレラに魔法をかけてくれたフェアリー・ゴッドマザーは、なんであのタイミングで現れたの?」「靴のサイズがぴったりってだけで決めていいの?」などなど…いくつかありますが中でも最大の疑問が、あれです。

「なんでガラスの靴だけ魔法が解けなかったの?」

というものです。

もちろんこういう謎がいくつかあるから楽しめるという部分もあるわけで、追求するというよりは、関連シーンをもう少し詳しく振り返ってみて、どういう解釈ができるのか楽しく考えてみたいと思います。

シンデレラ ガラスの靴

魔法をかけられるシーンを振り返る

シンデレラはフェアリー・ゴッドマザーの魔法でカボチャの馬車や御者、美しいドレスなどを手に入れます。これは1950年公開のアニメ版でもおなじみの場面です。実写版でもこのシーン、実に見事に美しく描かれており、思わずため息が出るほど。アニメ版も素敵ですが、それとくらべても、ゴージャスさが格段に増しています。さらに言えばこの場面はサウンドもすごく、地響きのような音が映画館では体感できなかなかの迫力でした。そしてなんと言ってもふわりと揺れるたびにキラキラ輝くドレス。筆者は女子ではなくおっさんなのですが、思わずシンデレラに感情移入してときめいてしまいました。

そんなゴージャスな馬車やドレスですが、夜中の12時の時計台の鐘が鳴り、その最後の鐘の音が消える時、すべての魔法が解けてしまうんです。

魔法が解けることを思い出し、慌ててシンデレラは階段を駆け下り馬車へ向かいますが、その階段の途中、ガラスの靴を片方落としてしまい、そのまま馬車へ乗り込んですごい勢いでお城を後にします。

そして最後の鐘の音が終わるとき、すべての魔法が解け、馬車はカボチャに戻り、御者は元のトカゲやガチョウに、白馬はネズミに、シンデレラのドレスは元の破れた服に戻ってしまう。しかし、ガラスの靴はそのまま。

1 2 3次のページ
深水英一郎(ふかみん)の記事一覧をみる
深水英一郎(ふかみん)

記者:

見たいものを見に行こう――で有名な、やわらかニュースサイト『ガジェット通信』発行人。トンチの効いた新製品が大好き。ITベンチャー「デジタルデザイン」創業参画後、メールマガジン発行システム「まぐまぐ」を個人で開発。利用者と共につくるネットメディアとかわいいキャラに興味がある。

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会