体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【規制バスター】利用者がタクシーを選びやすいような工夫を ”政策工房”原さんが語るタクシー規制の問題点

タクシー

世の中いろいろとおかしな規制が存在します。そんなおかしな規制について一緒に考えてみませんか。毎回さまざまな業界の不思議な規制をご紹介する『規制バスター』シリーズ。今回は「タクシー業界」の最終回(3回目)です。前回はこちら。

●登場人物
原=原英史さん(政策工房)
ふかみん=深水英一郎(ガジェット通信)

●台数を減らせば監査にいきません、という見返り

原:次に“監査”について。ここにも再規制強化でそもそも言われていた目的と、実際やっていることとで全然違う部分が出てきています。まず、減車の話をしましょう。過当競争になっているから、車の台数を減らしましょうと、国が業界を誘導しています。

ふかみん:なぜ国が台数の制限するように言ってくるんですか?

原:過当競争のため、運転手さんたちが過酷な労働環境におかれ、安全上の問題も生じている・・というのが表向きの説明ですが、実際には、大手タクシー会社にとって利益になると見ることもできます。多少は自分たちも減らすけども余剰分を減らせばいいわけだから。一方で、元気のいい、新しい工夫をして乗り込んでくる新興勢力を排除できるわけです。

ふかみん:そんなことができちゃうんですね。

原:さすがに減車は義務付けではなく誘導していくことになっています。台数を減らせば恩典を与えますよ、というインセンティブをつける方式になっている。そのインセンティブの一つが何かというと、“立ち入りの監査にはいりません。”というものです。労働に関する規制、安全点検に関する規制などいろいろな規制がタクシー会社にはかかっていて、地方の運輸局は定期監査だったり抜き打ち監査だったり、タクシー会社にやってきて守っているかチェックするんですね。

ふかみん:それは伝家の宝刀な感じがしますけど、その監査って来るとめんどくさいものなんですか。

原:来たら、大変ですよ。違反が見つかれば、乗車停止とか処分を受けることもあるわけですから。業界にとっては、すごく嫌な、来ない方がありがたいものです。

ふかみん:そうなんだ。

原:で、今回の再規制強化の一環で「減車したら監査にいきませんから」と言ってるんですね。これって、もともとの目的から考えたら訳がわからない。労働条件、安全性を強化したいのにその監査をしないってどういうことなのか。

ふかみん:やってるうちに、目的を忘れちゃったとか。

原:いや、最初から考えてなかったのかもしれませんね。役所の人と、役所の人たちと表裏一体で仕事してる人たちは、たぶん本気で安全性を高めたいとか、労働者を守りたいって考えてるわけじゃなくて、新規参入を排除するとか、台数を減らすことしか考えてなかったんじゃないか。だから、こういう運用をしちゃうんだと思いますよ。そういう意味で、実は2008年に全会一致で法律が通ったときの元々の目的は全然関係なかったんじゃないか。国会議員の人はだまされたんじゃないか、ってことなんですね。

ふかみん:国会議員だませるってすごい勢いとパワーですね。

原:自民党も民主党もいきすぎた規制緩和論にのっかって、再規制強化につっ走ったんですが、裏事情はこういうことかもしれません。おそらく、自民党には政治献金をしているタクシー業界が、政治的な力を行使したんじゃないか。民主党に対しては、そういう会社の労働組合の人たちが労働組合として話をしたんじゃないかと。

ふかみん:一致団結して。

原:だから、たぶん民主党は役所にのせられてつくったとか全く思ってなくて、自分たちの支援者と一緒に、要望をきいて法律をつくったと思ってると思うんですけど、ほんとのところは、大手の会社の経営陣と労働組合の連合軍、更にそれをあやつる役所の人たちにうまくのせられていた可能性があります。

1 2 3次のページ
深水英一郎(ふかみん)の記事一覧をみる
深水英一郎(ふかみん)

記者:

見たいものを見に行こう――で有名な、やわらかニュースサイト『ガジェット通信』発行人。トンチの効いた新製品が大好き。ITベンチャー「デジタルデザイン」創業参画後、メールマガジン発行システム「まぐまぐ」を個人で開発。利用者と共につくるネットメディアとかわいいキャラに興味がある。

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。