体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

東京都青少年健全育成条例 推進派への疑問

東京都青少年健全育成条例。推進派への疑問

今回はロノさんのブログ『空の森』からご寄稿いただきました。

東京都青少年健全育成条例 推進派への疑問
最初に言っておくと、児童ポルノに興味もないし、むしろ反対です。特に幼い子を“モデル”と称して、エロの対象となるような恰好(かっこう)をさせて、金を稼ごうとする親は、児童虐待する親とレッテルを貼っています。撮影し、商品化する側にも買う側にも問題を感じますが、親が我が子を売るような真似をしなければ“盗撮”以外の犯罪は防げると思っています。

だから実害が出る幼児の撮影に対して、保護や規制強化がされないのであるなら、現行法で十分。改正の必要なし。そんな私ですが……京都と大阪はPTAの賛同をバックに改正が決定している流れがあります。実際PTA役員としての自分の身に起きた事態から、東京都で青少年健全育成条例改正を推進する人たちの言動には、ものすごく違和感を覚え、危機感さえもあるので“改正反対”の立場を取ります。このブログでも書いたことなのですが*1、どんな事態が起きたのか、今一度書きます。但し、大変恐縮なのですが、PTA絡みなので個人特定を避けるため地名や個人名は伏せています。

*1:「久方ぶりのマイブログ」2010年11月10日『空の森』
http://ironyt.exblog.jp/15434595/

平成22年7月 市内PTA連合協議会の理事会に参加。
前日までに通達されていた予定にはない東京都青少年治安対策本部総合対策部少年課副参事が来て、各小中学校のPTA代表の前で、“不健全図書”についてこう語りました。

「現在は子どもが自由に手に取れる一般の漫画売り場に、本来18禁コーナーに設置されるべき漫画が陳列されているような状況です。青少年にふさわしくない漫画等を東京都が不健全図書として指定し、成人コーナーへの移動を販売者に義務付けるという内容の改正案を都議に提出していましたが、“表現の自由”を侵害する恐れがあるとの反発があり、6月の議会で否決されてしまいました。9月の議会提出を目指したいのです」

と説明し、参事は幼女の写真集とDVDを数点、どう見ても通常の書店のコミックスの棚には並ばない18禁コミックスを数冊を
「おかあさんたちはこのような恐ろしいものが、普通の本屋で、子どもたちの手に届く形でおいていることを知らないので、こうして持ってきているんです」
と言いながら、約50人近くの父兄(PTAなのでほとんどが母親)に、回覧させ始めたのです。

子どもの保護とか、子どもが危険な目に遭っていると言いつつ、回覧された写真集やDVDのパッケージに映る子どもの顔にめばりしていないので個人を特定できる恐れもあるのでは? コミックスの方は、過激な性表現シーンすべてに付箋を貼ってあり、あえてそこを見るように指示し、
「このような本が、『ドラえもん』や『クレヨンしんちゃん』と同じ棚に並べてある」
と言い切る姿には、ものすごい違和感がありました。

さらに
「青少年を不健全なものから守るために、毎月資料として、このようなDVDやコミックスを私たちは買ってチェックをしている」
とも言いました。

私は都内の主だった書店を歩いていますが、そんな無分別な書店は見たことがありません。仮にそのような書店があれば、その書店を摘発すればいいのです。そしていくら青少年のためとはいえ、毎月大量に出るコミックスの中から自分たちが「ヒドイ」と思う基準の本を探すために、税金(都税)も使っていると言っていました。1冊2冊ではなく、それなりの数を買うということに、都税を使うとはどういうことなのでしょう。これは毎月どのように経費をいくら使っているのか、都民に知らせる必要があると思います。

そして(これは個人的感覚ですが)買い込んだエロ本を総なめに見て、付箋を貼っていくという行動は、果たして健全な姿勢なのでしょうか? この事態に出くわした瞬間から、今日に至るまで未だに疑問なのです。

正直、ふたことみこと言いたかったのですが、現在、私が代表である小学校は、市P連(市内PTA連合)に正式加盟していおらず、その是非等をめぐり、一部父兄と対立関係にあること。この一部父兄が、某特定宗教に属していること。よく言えば熱心な子ども保護論者であると同時に、「なんでも学校が悪い。学校絶対悪」主義で、PTAは学校と闘争する労働組合と思い込んでいて、P連(PTA連合)加盟も望んでいること等、面倒な背景があるため、代表に成りたてで、内部も固まるかわからない時であったこと。ヘタに言うことで、社協(社会福祉協議会)*2 から校長先生にクレームが入り、悩ませるのが忍びないことから毅然としたことが言えず、かなり耐えていました。

1 2次のページ
寄稿の記事一覧をみる

記者:

ガジェット通信はデジタルガジェット情報・ライフスタイル提案等を提供するウェブ媒体です。シリアスさを排除し、ジョークを交えながら肩の力を抜いて楽しんでいただけるやわらかニュースサイトを目指しています。 こちらのアカウントから記事の寄稿依頼をさせていただいております。

TwitterID: getnews_kiko

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会