体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

北朝鮮に抗議する日本人を韓国人らしき青年が襲う! 一部始終を撮影

北朝鮮のミサイル発射に対して名古屋の街頭で抗議をする人物に対して、関西弁の韓国人と思われる青年が激怒。ついには暴力ざたになり、警察に連行されるという騒動が発生した。青年は熱心に発言を聞いていたものの、途中で我慢できなくなり発言者に詰め寄り、ついには取っ組み合いとなった。

青年は発言者の「大っ嫌いなんだよ。日本から締め出してやる朝鮮人」という発言を面と向かって言われてブチギレしたようで、「おのれ! 韓国人をなめとったら殺すぞ!」などの発言とともに発言者を地面に倒しつつ、怒号していた。そのようすは動画で撮影されており、『ニコニコ動画』や『YouTube』に掲載されている。

当編集部の考えとしては、何事も物事は伝えようであり、自分の意思をどのように伝えるかが重要であると考える。韓国がどんなことをしようが、北朝鮮がどんなことをしようが、一個人としての国民には何の罪もない。この青年に対して「大っ嫌いなんだよ。日本から締め出してやる朝鮮人」と発言するのはいかがなものか。たとえ祖国が周囲の国々からどんなことを言われようと、祖国を愛する気持ちは世界共通なのだから(このニュースの元記事はこちら)。

こんな海外関係のニュースもあります
『スケベニンゲン』という店名にした銀座のイタリア料理店
中国人の個人日本旅行解禁! しかし大金持ちのみ!
海外のお店で「テイクアウト!」と言っても通じないの?
世界中の “変な地名” の場所に行きまくる人がいた!

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。