体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【シェアな生活】「政治家はネットに魅力を感じている」 畠山理仁さんインタビュー

原口氏のネット記者会見

『公の記者会見オープン化』という難題に立ち向かうフリーライター畠山理仁さんに”公の情報共有”についてきいてます。今回は第5回目です。前回はこちらです。
※連載シリーズ『シェアな生活~共有・共感・共生がもたらす新しいライフスタイル』関連記事です。

登場人物:
畠山=畠山理仁(はたけやまみちよし)。記者会見オープン化を求める活動で注目されるフリーライター。
深水=深水英一郎(ふかみえいいちろう)、ガジェット通信。

●政治家はネットに魅力を感じている

――深水:そもそも記者クラブが政治の側から「記者会見をオープンにしてください」と言われるって、変ですよね。

畠山:恥ずかしいことですよね。政治の側がやめてと言ってるわけではないのに、記者クラブの側が入れないとかいうのは非常におかしい。記者クラブだけの閉鎖された空間で限られた人たちに向けて話をしていると、その人たちに都合のいいように編集されてしまう。そして報じられなかったことが結局”死んじゃう”わけじゃないですか。他に見ている人がいないから隠すことができるし。これは、政治の側としては嫌な部分もある一方で利用できる部分もある。

――深水:今までは政治の側から見ても閉鎖的な方がメリットがあった、ということなんでしょうか?

畠山:オープンにするってすごい勇気のいることだと思うんですよ。例えば、今まで20人ぐらいの人間に質問されてただけなのが、300人とかに一斉に突っ込まれるようなことになるわけですから。政治の側も相当自信がないとオープンにするって言えないと思うんです。でも、それでもオープンにして欲しいって政治の側に言わせる記者クラブってヤバいんじゃないの? って思いますよね。本当に伝えたいことを報じてくれていないと政治が思っているからオープンにしてくれって言っているわけで。

――深水:これから政治と人々の力関係が変わっていく中でメディア側も変化は避けられないはずですよね。やっぱりそれはネットの力が強まっているということですか?

畠山:政治家はネットの力に魅力を感じているんじゃないでしょうか。新聞とかテレビだけじゃなくて、ネットだったら全部そのまま流すっていうことができますし。政治の側としてはできるというよりやってくれると思っているかもしれないですね。利用してやろうって言う風に思っているかもしれない。でも、全部出すことによって、今までは何ページ分しか出ないからすごい突っ込まれ方をしていたのが、全部出ることによって「本当の意味はこっちなんだな」と理解してくれる人が出てくるかもしれないっていう期待もあるんだと思いますね。証拠として、後から「あの発言のシーンは何だったんだろう」って思った人が、ログが全部あったら直接見て「あ、そういう意味じゃなかったんだね」って気付くチャンスができるわけじゃないですか。

――深水:ある時期、地方の講演会で政治家が言った言葉の一部を失言として取りあげて、全体がどうだったのかわからないワンフレーズだけを繰り返して失脚させたりということがありました。

畠山:今、まさに柳田さんがそうですね。柳田さんの場合は、うかつだったと思いますけどね。(編註:インタビュー時、柳田稔法相の国会答弁軽視発言問題が起きたばかりだった)

――深水:発言の状況や文脈ごと届けられるようになれば印象も変わるし、問題じゃないかもしれない。単に地方講演で面白いことを言って和ませるためのジョークかもしれない。言葉はそのときの状況も含めて考えないとわからない。ワンフレーズだとそれが判別できないんですよ。

畠山:そうそうそう。柳田さんの場合はサービスで言ったところもあると思うんですね。サービスで言っているのか本気で言っているのかっていうのも、前後見ればわかるわけですし。結局全文見ても「あれは良くないよ」って話になることもあるかもしれませんけど。

――深水:検証できる、というのがポイントですね。それこそ『ニコニコ動画』の『ニコニコ生放送』で小沢さんが会見をやって話題になっていましたけど、「思う存分伝えられる」ということは重要なんじゃないですか。そういうネットのツールとかネット放送を利用する政治家は増えて行くと思います?

1 2次のページ
深水英一郎(ふかみん)の記事一覧をみる
深水英一郎(ふかみん)

記者:

見たいものを見に行こう――で有名な、やわらかニュースサイト『ガジェット通信』発行人。トンチの効いた新製品が大好き。ITベンチャー「デジタルデザイン」創業参画後、メールマガジン発行システム「まぐまぐ」を個人で開発。利用者と共につくるネットメディアとかわいいキャラに興味がある。

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。