体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ソーシャルメディアが作り出す新社会幸福論

ASSIOMA

今回は大元隆志さんのブログ『ASSIOMA』からご寄稿いただきました。

ソーシャルメディアが作り出す新社会幸福論
ソーシャルメディアが作り出す”新社会幸福論”について、私が考える“地域活性化”を紹介させていただきたいと思います。

・日本の現在
2010年現在GDP世界2位、女性の平均寿命が86歳、経済的にも長寿の面でも日本は世界でトップクラスの“恵まれた”国といえます。しかし、日本にはこんな側面もあります。年間自殺者数が約3万2000人。そして、社会から忘れ去られたように亡くなっていく“孤独死”と呼ばれる状態となる人々も、同じく約3万1000人にのぼると言われています。

日本という国の“今”は、物質的にはとても豊かな国です。しかし、その一方で“心”という一面に光をあてると、胸を張って“幸せ”だと言える国でしょうか?

・では、こんな国はいかがですか?
世界の片隅にこんな国があります。GDPは世界で162位、日本とはとても比べることはできないほど経済的には貧しい国です。そのGDPの順位からも想像できる通り、この国の人たちの平均収入は月1万円~6万円程、月収2万円前後の人が最も多いと言われています。月収2万円ということは年収は約20万円前後。更に平均寿命も日本に比べれば20歳も低い66.1歳。お金もない、平均寿命も短い、皆さんはこんな国をどう思いますか? 日本の生活に慣れた皆さんなら、恐らく(私もそうですが)住んでみたいと思う人は少ないのではないでしょうか。

しかし、この国はある指標でとても注目を集めている国でもあります。それは“国民総幸福度(Gross National Happiness)”と呼ばれる指標です。「国家にとって経済成長とは目的でなく”幸福達成”の一手段に過ぎない。よって、国策とは経済成長による物質的な豊かさだけを求めるのではなく、そこで暮らす国民が幸福になるための舵(かじ)取りを行うべきである」と。どれだけ幸福か? を示す指標がこのGNHです。

九州と同じくらいの大きさで、人口わずか60万人ほどのほんの小さなこの国が、GDP中心の世界に向かって提言しました。そしてこの国の国民はこのGNHが97%という驚異的な結果となったことで世界各国から注目を集めています。物質的にはとても恵まれている国とはいえない、この国のほとんどの国民が“自分は幸せ”だと感じている。

日本人の皆さんへ質問です。「あなたは幸せですか?」

・幸福大国ブータン
この小さな国はヒマラヤのシャングリラ(桃源郷)として知られる仏教王国ブータンです。中国とインドというアジアの二大大国に挟まれる位置に属するこの国は、20世紀後半まで鎖国に近い政策だったこともあり、美しい自然と自給自足に基盤を置いた伝統的な生活文化が残っています。

ブータン王国の4代目国王のジグメ・センゲ・ワンチュック国王が、1976年にコロンボの会議で“GNH”を世界に向けて提言しました。このGNHは下記の4本の柱から成り立っています。
 1.公平で持続可能な社会経済開発
 2.自然環境の保護
 3.有形、無形の文化財の保護
 4.国民から尊敬される良い政治

ソーシャルメディアが作り出す新社会幸福論

日本などの政治思想と大きく異なるのは、経済発展のために自然を破壊し自分たちの文化を犠牲にすることをよしとせず、自然と文化を保護しながら経済発展と伝統の調和を大切にする部分ではないでしょうか。実際、ブータンの法律には国土の最低60%以上を永久に森林で保全するという条項が盛り込まれています。

ブータンは国民の就業者の大半が農民であり食料自給率が100%。医療と教育は無料で受けることができるため“自給自足”の文化が根づいており、多くを望まない“足るを知る”を尊ぶ質素な文化が根付いています。“足るを知る”人々の生活は、物質的な豊かさより家族と接する時間や、近所の人々との何気ない会話をする時間を重視し、“心の充足感”を重視しています。

1 2 3 4次のページ
寄稿の記事一覧をみる

記者:

ガジェット通信はデジタルガジェット情報・ライフスタイル提案等を提供するウェブ媒体です。シリアスさを排除し、ジョークを交えながら肩の力を抜いて楽しんでいただけるやわらかニュースサイトを目指しています。 こちらのアカウントから記事の寄稿依頼をさせていただいております。

TwitterID: getnews_kiko

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。