ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

「A型は薄毛になりやすい」はホント? 血液型と薄毛にまつわる都市伝説を調査

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

薄毛・脱毛を気にしている人の血液型の割合


日本人が大好きな血液型による性格診断では、「B型はマイペース」「AB型は二重人格」などから、「O型は蚊に刺されやすい」と体質(?)にまで言及したものもあり、「A型は薄毛になりやすい」とも言われることがあるようです。今回、毛髪クリニック リーブ21は『血液型と薄毛に関する調査』を実施。血液型と薄毛には関係があるのかどうかを検証しました。

同社は、『リーブ21』の店舗で、薄毛・脱毛を気にしている男性607名、女性207名、合計814名を対象に、2010年7月16日~8月5日にかけて調査を実施。「薄毛・脱毛を気にしている人の血液型の割合」は、A型39%、B型22%、O型30%、AB型9%という結果になりました。この結果だけを見ると「やっぱりA型が!」と思ってしまいますが、日本人の血液型発現率を見ると、A型40%、B型20%、O型30%、AB型10%とほぼ一致しています。

日本人の血液型発現率

「A型は薄毛になりやすい」というイメージは、日本の人口に対してA型の発現率が高いこと、また薄毛・脱毛の原因のひとつにストレスが挙げられることから、「A型は神経質で慎重」と言われる性格判断の特徴と結びつけたものと言えそうです。「A型だから薄毛になっちゃうかも……」と不安に思っていた人は、ひとまず血液型との関わりについては心配しなくてもよさそうですね。
 
 

■関連記事
5人に1人が職場に過度なストレス 原因は上司や先輩! 2010年新社会人意識調査
ドライブ中に女性が「彼氏にゲンメツ」する理由は? ドライブデート調査
世界一危険なウェブドメインは? 日本は2年連続「最も安全」マカフィー調査
来年から小学校の授業は278時間増える!? “脱ゆとり”に9割の親が賛成
3人に1人はいる!? 日本一雨女が多い県はどこ?『全国雨男・雨女調査』

Kyoko Sugimotoの記事一覧をみる ▶

記者:

京都在住の編集・ライター。ガジェット通信では、GoogleとSNS、新製品などを担当していましたが、今は「書店・ブックカフェが選ぶ一冊」京都編を取材執筆中。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。