体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『SUICA』や『ICOCA』でちょっとずつチャージする人へ愛などを込めて……

ココロ社

今回はココロ社さんのブログからご寄稿いただきました。

『SUICA』や『ICOCA』でちょっとずつチャージする人へ愛などを込めて……
こんにちは。お忙しいところ大変申し訳ないのですが、本日は、“『SUICA』や『ICOCA』で3000円ずつチャージする人がいる”という、深刻な社会問題におつきあいいただきたいと考えておりますので、読みたくないかもしれないですが、ガマンして読んでいただければ幸甚です。

人とお出かけをすると、結構な確率で「あ、チャージしてくるからちょっと待ってて……」という人と出会います。会うたびにチャージするような人もいて、最初は「チョビッとずつチャージするところが可愛いなー、きっとパンを食べるときも小さくちぎって食べたりするんだろうなーチューしたいなー」などと思うものですが、あんまりにも毎回だと、「この人はチャージが趣味なのか? ぼくと話すよりチャージすることの方が楽しいのか?」という疑念が頭をもたげはじめ、チャージ以下である自分の話術にがっくりと肩を落とし、さらに「や、面白いとか面白くないとか、そういうのは客観的なモノサシがあるわけじゃなくて、純粋に好みの問題で、この人にとってぼくは面白くないというだけの話だと思う。そして、どこかにぼくの話がとっても面白いと思ってくれる人がいるはずだ……」などと遠い目をしてしまいますが、そんな都合のいい人いるんだろうか……いてもママンとかじゃねーの?

それはともかく、諸悪の根源は少額のチャージにあるのです。

—こんな語り口だと、なんでわたしが少額のチャージを問題にしているか、さっぱりわからないまま、「相変わらずこのブログの管理人は頭わいてるわ」という、いつもの結論になりかねないし、その結論はあながち間違いでもないのですが、筋道立てて説明させていただきます。

チャージ回数過剰の人に「3000円ずつ入れるのって面倒じゃない? 交通費をたくさん入れていても無駄遣いにはならないでしょ? 駅の売店で使えたりはするけど、あそこで無駄遣いしようとは思わないだろうし、1万円入れたからといって、気が大きくなって思わず3駅乗り越しちゃったとか、そういうことはないんだから、1万円ずつ入れたらチャージする回数が減っていいよ」とすすめると、だいたいクネクネしながら「でもぉ〜たくさんチャージしてなくしたら大変じゃない?」と返されます。まるで「わたしだけ本気になってしまって、向こうにそっけなくされたら傷つくじゃない? だからわたし本気で人のことを好きになったりしないの」と言っているかのようで、お前どれだけカード好きやねんと言いたくなりますが、でも嫌いであるよりは好きな方がいいとも思いますし、ここまで読み進めてきた、はぐれチャージ少額派のみなさまも、やはり同じく、なくす危険性問題について敏感であるとお考えのことかと思います。

・少額チャージ派の方が、むしろなくしやすいという逆説
しかし、なくす……NAKUSU……ことについて、よく考えてみると、むしろ少額チャージ子の方がカードNAKUSU子であることがわかります。なぜなら、チャージするときにカードを取り出しますよね。3000円チャージして首尾よく戻ってきたカード、銀色で四角くて薄くてクールなペット、これは愛おしくてたまらないわけですから、すぐにお財布にしまわないで、「たまには……じかに改札を通してみようかしら!」という大胆な気持ちになってしまいがちです。たしかに財布をピッとかざすのが普通ですが、それだとどうも斜に構えている感じで、「お前、心の底から電車に乗りたいと思っているのか?」と聞きたくなってしまいますよね。

そこで、「今日のわたしは違う、本気で電車に乗りたいんだ」という本気を改札機および駅員に見せつけてやりたい、「JR(および提携している私鉄)のみなさん、あなたたちは電車を運転するプロかもしれないが、こちらは電車乗りのプロなんだ、たとえ駆け込み乗車をしたとしても、ドア付近で立ち止まったりせず、さらにハードな駆け込み乗車マニアが駆け込みやすくするため、すみやかに奥に移動してみたりね」……というわけで、むき出しのカードをべったりとICを読むところをじかにつけてみたくなったりするはずで、そのときはものすごい高揚感なのですが、そのままむき出しのカードがカバンの奥の方にいってしまって、いつしか行方不明になってしまうのです。

1 2次のページ
寄稿の記事一覧をみる

記者:

ガジェット通信はデジタルガジェット情報・ライフスタイル提案等を提供するウェブ媒体です。シリアスさを排除し、ジョークを交えながら肩の力を抜いて楽しんでいただけるやわらかニュースサイトを目指しています。 こちらのアカウントから記事の寄稿依頼をさせていただいております。

TwitterID: getnews_kiko

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。