体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【シェアな生活】記者クラブの密室での取り決めが選挙の勝敗に影響を及ぼす?~『記者会見ゲリラ戦記』畠山理仁さんインタビュー

畠山さん

省庁記者会見オープン化についての活動を繰り広げるフリーライター畠山理仁さんに”公の情報共有”についてきく。第2回目です。前回はこちらからどうぞ。
※連載シリーズ『シェアな生活~共有・共感・共生がもたらす新しいライフスタイル』関連記事です。

登場人物:
畠山=畠山理仁(はたけやまみちよし)。記者会見オープン化を求める活動で注目されるフリーライター。
深水=深水英一郎(ふかみえいいちろう)、ガジェット通信。

●理想の記者会見

――深水:畠山さんの理想の記者会見ってどのようなどのような形ですか?

畠山:基本は質問したいと思う人が全員入れる記者会見ですね。

――深水:全員ってどこまでですか?

畠山:ブロガーだっていいと思いますよ、僕は。

――深水:その日たまたま聞きたいことがあった人が、行って話をきけるぐらいの?

畠山:聞きたいことがあったおっちゃんとかでも、僕はいいと思いますけどね。セキュリティの問題があるなら、「申し訳ないけど手ぶらで入ってくれ」とか。「ここから動かないでくれ」とかルールを決めればいい。

――深水:ちゃんとセキュリティチェックを通せばいいだけのことですよね。普段通り警備をちゃんとしておけばよいだけの話で。会見室がいっぱいになりそうなら人数制限なり抽選なりすればよいですし。

畠山:ええ。物理的に会見室に入りきれないというのが、今までの建前上の断る理由だったんです。でも、実際には座れなければ立ち見もできるようにしたらいいだけですし、それでも無理なら先着順にしたりとか、公平な形で入れるようにすればいいと思います。裁判の傍聴みたいな抽選もあるし。今は誰がメディアで誰がメディアじゃないっていうことはそんなに重要じゃないですよね。そもそも、人間は人に伝えたい気持ちがあるものですから。そのなかの優先順位として、たとえば新聞は購読者が何百万人もいるから枠が少し多めですよとか。ブロガーの人は抽選になっちゃうかもしれませんけど、ただ入れる門戸は狭くても開いてますよっていう状態は作ったほうがいいと思うんですね。たとえば人数制限の割り当てとして、媒体の読者数によって「新聞は多いから4席ね」とか「雑誌は2席」「ブロガーは1席でお願いします」とか。また、ブロガーの読者が多くなるにつれて席数が拡大したりとかいうことがあってもいいと思うんですね。

――深水:ソーシャルメディアの時代、誰でも媒体を持てる。

畠山:アメリカとかの家電見本市って、ブロガーをプレスとして入れてるんですね。たとえば、一日に何万アクセスあるということが証明できれば、プレスとして取材をさせる。メディアとして認められるわけです。それは個人のブログであってもそうなんですよ。家電やガジェットの場合、もう一ついいのは、そういうメディアの読者は基本的にオタクで、そのジャンルが大好きで読みたいって言う人が読んでいるということ。そういう人が何千人いるメディアは、漫然と読まれている巨大媒体より効果がある。そしてブロガーの方もスポンサーに変な配慮をすることなく、自分の好きなことを好きなようにレポートするから、広告で事実が曲げられることなく、読む人が読みたい情報が出てくる。そういう、新聞等なにかとしがらみがあるところにはできない記事を書ける可能性がある人が取材に来るということはとても重要なことだという認識なんです。

――深水:メーカーにとってはちょっとした恐怖では?

畠山:まあそれが嫌だっていうメーカーはダメじゃないですかね。ゴマ化して売ろうっていうことですから。逆に厳しいことを言ってくれる人が入った方が、早く商品も良くなるだろうし、そういう商品を作れないところは早く見切られるだろうし、その方がずっといいと思います。

――深水:『ガジェット通信』って、メーカーさんから製品借りてレビュー記事を書いたりするんですが、書き方によっては「借りておいてそんなことを書くのか」と言われることもありますよ。

畠山:ああ、言われたりします? でも、どうなんですかね。僕も昔雑誌でデジタルもののコラムをやってて、製品借りたりしていたんですけど……。借りて厳しいことを書いて「次からは貸さない」ってなったことありますか?

1 2 3次のページ
深水英一郎(ふかみん)の記事一覧をみる
深水英一郎(ふかみん)

記者:

見たいものを見に行こう――で有名な、やわらかニュースサイト『ガジェット通信』発行人。トンチの効いた新製品が大好き。ITベンチャー「デジタルデザイン」創業参画後、メールマガジン発行システム「まぐまぐ」を個人で開発。利用者と共につくるネットメディアとかわいいキャラに興味がある。

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。