ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

日本通信、Android 5.0を搭載した「VAIO Phone」を正式発表、専用プランも提供

DATE:
  • ガジェット通信を≫

日本通信がついに VAIO ブランドの Android スマートフォン「VAIO Phone(VA-10J)」を正式に発表しました。VAIO Phone は、5 インチ 1,280 × 720 ピクセルの IPS 液晶ディスプレイや Snapdragon 410 1.2GHz クアッドコアプロセッサを搭載したミッドレンジクラスの Android スマートフォン。OS は ほぼ素の状態の Android 5.0(Lollipop)で発売されます。筐体は黒を基調としたシンプルながらもシックなデザインを採用しており、前面の下部と背面には「VAIO」のロゴをプリント。側面と背面はマット仕上げになっており、片手でも握りやすい設計となっています。筐体サイズは 141.5 × 71.3 × 7.95mmで、質量は 130g。このほか、2GB RAM、16GB ROM、Micro SD カードスロット(最大 64GB)、背面に 1,300 万画素カメラ、前面に 500 万画素カメラ、2,500mAh バッテリー(交換可能)を搭載しており、Wi-Fi a/b/g/n、Bluetooth v4.0、WCDMA(800 / 2100MHz)、FDD-LTE(800 / 1800 / 2100MHz)に対応しています。日本通信は NTT ドコモの MVNO なので、対応周波数も NTT ドコモに合わせてあります。ちなみに、テザリングには対応しており、NFC には対応していません。SIM カードスロットには Micro SIM を挿入できます。VAIO Phone は SIM ロックフリー端末なので、規格が合えばどの SIM カードでも利用できますが、日本通信は VAIO Phone 専用プランも提供しており、セットで購入すると割賦払いが可能になるのほか、割安料金でサービスを利用できます。用意されたプランは、月額 1,980 円 + 税~ で無制限のデータ通信を利用できる「高速定額 音声付き」と月額 980 円 + 税~ で 1GB の高速通信を利用できる「ライトプラン 音声付き」の 2 種類。なお、VAIO Phone の価格は 51,000 円 + 税で、日本通信のプランとセットの場合、月額 3,980 円 + 税~、または月額 2,980 円 + 税~ で利用することができます。Source : 日本通信VAIO Phone 商品ページ


(juggly.cn)記事関連リンク
CyanogenとBoxerがCyanogenMod向けの新メールアプリの開発で提携、Googleの「Inbox by Gmail」に対抗
スタイラスペン付のLG製5.8インチファブレット「LG-LS770」がFCCの認証を取得
I-O Data、「CDレコ」のAndroidアプリをv3.0.6.0にアップデート、NASへの保存やAndroid 5.0に対応

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。